送別会

今日(金曜)はレッスンのあと,会社の人の送別会に合流したので,
時間が遅めです(=_=)


レッスンは,2週間半ぶりにポアントで,足底筋膜が痛いです(汗)
バレエシューズではあまり感じなかったのに,
ポアントを履くと,休んでいる間に,かなり体が動かなくなっていることを
痛感しますね.
フェッテも全然ダメでしたが,今日は寒くて体もあたたまりにくかったので
まだ試運転ですね.ヴァリもやりませんでした.

・アームス,右腕が下がっている(回転以外でも)
 肘を少し上げるくらいに意識してやっと左右均等.
・片手をおだんごの下にあてる(ライモンダの)ポーズ,
 あごの向きを変える.上を向きすぎない.

アームスといえば,以前寺島さんのアームスが肩より後ろにいくのが気になる
(けどその人の体格によって気になり度合いが違う)ことを書きました(1)(2)が,

今なぜそんなことを言い出したかというと,
↓この動画を見てなんとなくその話を思い出したのでした.




まあこの人がやるとなんでもアリですよね.
(でもライモンダというよりギエムが踊ってるって感じですが)

完全に個人的趣味ですが,最後のピルエットはシングルにして
右足トンベをねちっこくゆっくり見せてくれるほうが好きです
(たしか寺島さんは全部ダブルだったかな?記憶があいまいですが,
先日の新国でも全部ダブルでやっていた人もいました)


話は飛びますが古川さんのブログが一ヶ月近くぶりに
復活されていますね.ライモンダのお写真がないのが残念ですが,
ホームページ化を検討されていたとのことで,
その暁には舞台写真などが見られることを期待しています

ゲネでは3幕のグラン・パには出ていなかったのに,
本番は毎日出演だったのでもしやと思いましたが,
やはりインフルエンザ流行の影響で,当初はグラン・パは
前半3日間のみで芳賀さんと交代予定だったのが
急遽二箇所覚えて出ることになったそうです.
こういうチャンスを生かして,次からは代役じゃなくて
毎日見られるようになると嬉しいのですけどね~.


以下は備忘録

・3/2のBSクラシックロイヤルシートで,
 ボリショイのドキュメンタリ「ストリクトリー・ボリショイ」を放送予定
 出演はダーシー・バッセル,ツィスカリーゼ,アレクサンドロワ ほか
 続けてボリショイの「パッサカリア」「スペードの女王」も放送予定ですが,
 これは今まで何度かやってますね.

・3/20のNHK芸術劇場で,2月の東バのベジャール・ガラ
 (「中国の不思議な役人」,ギエムの「ボレロ」),
 BBLの「春の祭典」, 「ロメオとジュリエット, 「バレエ・フォー・ライフ」を放送予定
 


banner_12.gif
↑1日1クリック応援よろしくお願いします!


↑こちらも参加しています!
スポンサーサイト

テーマ : クラシックバレエ - ジャンル : 趣味・実用

接骨院

木曜はだいたい接骨院に行っていたのですが,
ちょっとバタバタしていて,今日久しぶりに行きました.

今行っているところはMちゃんの紹介ですが,
たまたま担当してくださった先生がバレエのこともご存知だし,
微妙な違和感とか筋肉の感覚とかがこの先生だと
うまく伝わってちゃんと治して下さるので,
とても信頼している先生でした.

でした.というのは,なんと,この先生,
今日でお辞めになるという衝撃の告白・・・!
本当は先週までのつもりだったけど
予約が入ったので今日わざわざいらしてくれたんだとか・・・
これからまた,相性の合う先生を探してさすらわないといけません
発表会までに見つかりますように・・・.

先週行った歯医者さんも,(先週は薬だけもらった)来週治療予定なのに
そこに行った人によると,治療は「最悪」だったらしく
(詰めものが合ってなかったそうで,治療後に痛くなって,
結局その人は地元の歯医者さんにかえたそうです),
かといって前行ってたところもあまり良くなくて,
腕のいいお医者さんって探すの本当大変ですね.

来週,どうしようかなぁ~


話は変わって先日のライモンダで,プログラム上では
古川さんがキャスティングされていない日に
サラセン人で出演されていたことを書きましたが,
八幡さんのブログに,その日の写真が載っています.
やはりインフルエンザが流行っていたそうで,
この日サラセン人の予定だった福田さんは
スペインに,その代役として古川さんが入ったようです.
ということは貝川さんもインフルだったんですかね.

サラセン,スペインのバタバタさを見ていると,
グラン・パもプログラム上の配役とは変わってないものの
ペアの組み換えも相当あって大変だったのではと思います.

今回,何人かのダンサーさんのブログなどで写真が公開されましたが,
古川さんの写真は初めて発見したのでホクホクです
(冨川さんのアブデラ,小野さんは寺島姉妹のHPで観られます


banner_12.gif
↑1日1クリック応援よろしくお願いします!


↑こちらも参加しています!

テーマ : クラシックバレエ - ジャンル : 趣味・実用

復帰

宣言(しておかないと、めんどくさくなりそうだった ^_^;)通り、
二週間ぶりのレッスン行ってきました。

もう本番まで一ヶ月近いので、さぞかしみんな来てるかと思いきや結構少なくて、
先週の金曜の広い所でのリハーサルには大人は5人しかいなかったらしい(全員で16人位)。
やっぱりそろそろ年度末だし、OLは忙しいのかな。
私の会社でも大きい人事異動は3月なので、今週内示が出て、
この春は歓迎会/送別会、7~8つ位は出ないといけなさそうです。(今幹事をしてるのが既に3つ)

発表会前なのに…(>_<)


それよかレッスンの話(笑)、
まだ怖いのでバレエシューズ、ジャンプは跳ばず流し気味でしたが、
小さい痛みはずっとあるけど、意外と平気(^^ゞ
ヴァリもやりましたが悪くなかった(自分の感覚では)です。

あと、バレエシューズなのでフェッテもなんとか…

・フェッテで、プリエするときに右肩が下がってる
・全体にプリエが浅い

ヴァリは、カトル→パッセの前までを少しテンポゆっくりめにしたと言われました。
確かに焦らずできたかも。
カトルはあれよりゆっくりだとキープ辛いでしょ?とのことで、
いや、そんなことは…と言いたい所ですが正に先生のおっしゃる通りでしたf^_^;


そろそろ本番用のポアントを慣らさないといけないし、
この調子ならいけそうなので、あさってからは(ジャンプ以外は)通常運転にするつもりです。


banner_12.gif
↑1日1クリック応援よろしくお願いします!


↑こちらも参加しています!

TOMONからお手紙

昨日からレッスンに復帰予定だったのですが,
そういう日に限って打ち合わせが長引き,
ちょうどレッスンが終わるころにスタジオに行って先生に挨拶してきました.
明日から復帰します!
ま,張り切り過ぎないように様子見つつやっていかないと・・・
今傷めたらもう本番マズイですから

でも全然レッスンしないと,本当に体力もお洗濯もラクですね(笑)


タイトルのTOMONはバレエ用品店です.
実は去年の春コレ(バーゲン)で注文していたMirellaのレオタードが
まだ届いてなかったんですよ(しかも前払い~・・・)
他のアイテムも,早くても2ヶ月とかかかるので,(その分安い)
まあ忘れたつもりで待っていたのですが,
今日お手紙が届きました.

なんでもMirellaはオーストラリアのBlochに買収されて3年以上経つものの,
必ずしもうまくマネージメントできているわけではないとのこと・・・
何度問い合わせても埒が明かない状態だったそうです.

ま,今回遅くなってしまったのにはTOMONさんの方でも
改善策を打たなかったというのもあるようで,
お手紙の主旨はそちらについてでしたが.

Mirellaの親会社がBlochだとは初めて知りました~.
Blochってもっとほそぼそやっているところかと思ったので.
私はポアントはずっとBlochなんですが,
Bloch履いている人,周りにあまりいなくって.
世界的にはメジャーなんでしょうね.


一応レオタードは5月中旬完成予定だそうです
はっきりとは書いてないですが,他メーカーに製造を依頼するようです.


さてさて,先日情報センターで確認してきたのは,
ライモンダの振り付け・構成です(笑)

感想で,ギャロップのステップの数が変わった?
と書きましたが,変わってませんでした(汗)
(4ステップずつ左右に移動)
別のバレエ団と混同したのか,何か自分の中で作り上げられていたのでしょうか・・・.
すみませんでした~.

それと,初演時は,3幕のアントラクトをグラン・パの中に持ってきて
ライモンダとジャンのパ・ド・ドゥにしている,と書きましたが
あとから不安になってきた(最近ボケ気味?!なので)
のでこれも確認してきました.(間違ってなくてホッ.)
(これは今年はなくなっていて個人的には今の方がいいです.
グラン・パのハンガリーな雰囲気とイメージが違う感じだったので.)

都さん&スティーフェルで見ましたが,この二人の組み合わせは
笑顔に独特の温かさがあって,すごい好きでした.
もう都さんは新国立に出ることはないでしょうし
K-Balletのチケットは高くて行ったことがないですが
久々に都さんの舞台が観たくなりました.

あと,2006年の公演のときに,2幕のライモンダと友人のヴァリを
アブデラクマンの登場の前に持ってきていたというのも,
不安になって確認してきました(笑).
今見てもやっぱり違和感.
ホントに,登場していきなりヴァリなんですもん.
バッカナール(ライモンダが拉致られそうになる所の曲)
までの盛り上がりも減りますしね.

しかし,どうしてそういう改訂をしたんでしょうね??
アブデラクマンの前でどうしてにこやかに踊っているのか??
みたいなことでしょうかね.
(確かにそれは思わないでもない.でもこのバレエにストーリーの整合性を
求めると,ツッコミどころは他にもたくさんですが.)
でもまああれはアブデラクマンのためっていうより
もともと伯爵夫人の家で宴席?(プログラムによるとジャンの帰還を迎える準備中)
だから,と自分で勝手に納得してました.

しかし今年のライモンダの「お客様の声」が新国立のHPで見られますが,
「アブデラクマンの魔法にかかって(ライモンダが)踊らされたとき」
という記述がありました.なるほどー,確かにそれが一番納得性高い!
(そういう設定の版ってあるんでしょうか??)

あとはクラシックとキャラダンを分けたかったとか.
でもそれがごちゃまぜな感じが好きですけどね.
ともかくこの改訂は普通に戻っていて,個人的には良かったです.


そうそう,都さんのライモンダといえば,




(すみません,うまく再生しないようですが・・・
一度クリックした後,「Embedding disabled by request」と表示されたら,
再度クリックすると別窓で再生できます.)

YouTubeで観られるライモンダの中で一番好きかもしれないです.
都さんはもちろん,ロイヤル版の振り付けも好きです!

一番最後の音のタメ方も,男性四人が前に出てくるとことの振りとか,
好きな部分は枚挙に暇がないのですが,
特に,最後にコボーが都さんのほうにシェネして,ピケダブル回ってそのまま
左脚を床につけないでポーズしますよね,
あれがすごい好きなんです(笑)
先日の新国立では,山本さんが代役で入ったときは
やっていたのですが,マトヴィエンコはその前の回転が高速すぎるためか,
普通に左脚は床につけてポーズとってました(観にいった日は二日とも).
個人的には回転はそんな高速回転でなくていいから
あのポーズが観たかった・・・
山本さんの二日目と,碓氷さんは記憶にないんですが(^^;;;

以上,本日も「おたくの小部屋」でした.
明日からはレッスン日記も復活します!

banner_12.gif
↑1日1クリック応援よろしくお願いします!


↑こちらも参加しています!

観劇記 2009年 2/21(土) 新国立劇場バレエ研修所 エトワールへの道程

2月21日(土) 15:00~ 新国立劇場 中劇場
新国立劇場 バレエ研修所 「エトワールへの道程~新国立劇場バレエ研修所の成果」

公演といっても発表会なのですよね.
今日と明日の2公演ですが,明日はリハーサルがあったので今日を取りました.
(まだ膝がマズイ感じなので結局明日は休養日になりそうですが・・・)


もぎりのすぐ後ろで,井倉さん(多分)がプログラムを手渡してくれました.
すごいかわいいです!!
(反対側にもう一人いたんでしょうけど,ギリギリに行ったので確認せず)

第一部は,昨日少し書きましたが,4月に「こどものためのバレエ劇場」として
上演予定の,「しらゆき姫」より30分ほどの抜粋,
その後,研修の様子の映像が15分ほどあって,
第二部がライモンダのグラン・パ でした.
そして最後に4期生の挨拶.

まず研修生についてですが,今回の配役のせいもあるかもしれないけど,
一番印象に残ったのは「しらゆき姫」のタイトルロールだった山田さん.

お顔立ちが個性的というか,かわいいし美人だけど
一度みたら忘れない感じのインパクトがあります.
正直いって,最初(HPで写真見た時から)顔は苦手だと思ったけど
公演が終わるころには好きな顔になってました(笑)
最後の挨拶もしっかりしている感じ.

ライモンダをやった益田さんはスタイルもよくて踊りもキレイでしたが
緊張していたのか,やっぱり山田さんの方が印象に残りました~.

作品ですが,「しらゆき姫」は「シアトリカル・バレエ」ということで,
新国の演劇講師の三輪さんが構成したもの.ダンサーが台詞もしゃべります.

「シアトリカル・バレエ」は3期生の発表会でも見ましたが,
バレエを踊るときには「台詞をしゃべっているかのように踊る」ということで
トレーニングとしてはとてもよいことだと思うのですが,
やっぱり,台詞なしで表現するのがバレエだという固定観念がどうしても
ぬぐえなくって,舞台上で観ると,違和感が残ります・・・.
ただ,「こどものためのバレエ」という意味で,
バレエ入門としてはよい作品なのかもしれません.

七人の小人(「森の精」という役名でした)に,5期生の男の子が,
他の研修生は森の動物や魔女のお付きで出てました.

これさー,,,

ま,しょうがないのかもしれないけど,
動物役がボディタイツなんですよ(シカとかヤギとか小鳥).

なんか,今年はスタイルが良い人少ないの???

って見えてしまう衣裳でした.(多分衣裳のせい)

あと,音楽はヨハン・シュトラウス2世の音楽からつぎはぎしているようですが,
場面と音楽があまりマッチしていない感じもすごいして
個人的にはまあ,4月はいいかな,って感じです.
(っていうか4月の公演に行きたいのは,リハーサル風景の映像が
観られるからなんですけどねー)

あ,今日の魔女は吉岡まな美さん,
王子は京當侑一郎さん.

新国ダンサーはいそがしいのか??
(鏡の精は,4月と同じ小笠原さんでしたが)

京當さんははじめて認識した(多分ソリストとしては見てるはず)けど,
いやー,王子ですね(笑)かなりツボ!でも全幕で観たら物足りないかも.

吉岡さんの魔女も美しかったけど,これは厚木さん(明日)で観たかったかな・・・

ライモンダは衣裳は3期生のときと同じです.
振り付けは・・・新国版と一緒なのかな?
研修生の人数に合わせて変えてあるところはありましたが.

ゲストはジャンにはマイレンくん.
グラン・パには貝川さん(今日ライモンダやるなんて悔しいでしょうね・・・),
陳さん,バリノフくん,高木さん,佐々木さんに,なんと,また今さんが出てました.

カトルは研修生の男の子3人+宮内浩之さんという人がゲストとなっていましたが,
直前のアナウンスで,研修生の宝満さんが事情により(?)出演せず,
上原大也さんという人が出ていました.
(牧バの人ですね)

男の子は七人の小人のときはマスクをしていたし,
カトルも半分ゲストだったから正直顔と名前が一致するまでいきませんでした.

第一ヴァリの間辺さんは上手かったですが,ススの脚が少し開き気味だった
時が一瞬あって,これってこんなに目立っちゃうんだ,と勉強させていただきました・・・.

カトルがあって,第三ヴァリは,二幕のクレマンスのヴァリの曲で
女性二人のデュエットが入りました.
(確か3期生もやっていたから,研修生は毎回やってるんでしょうか)

プログラムにはバランシンがこの音楽(グラン・パ)で
パ・ド・ディス(10人)と題された作品を作っている,と書いてあり,
さらに

「このヴァージョンにも使われ、以前アレクサンドラ・ダニロワ女史によって
牧阿佐美バレエ団に伝えられた2人の女性舞踊手によるナンバー
(第2幕よりデュエット)が加えられた形で上演する。」

って書いてあるんですが,
その「パ・ド・ディス」の映像持ってるんですけど,
(前にシアターTVかなにかでやっていた)
今帰ってきて,いそいそと観てみたら(笑)
その曲(2幕のクレマンスのヴァリの曲)は入ってないんですね.
確かに女性デュエットはあるんですが,別の曲でした
(グリゴロ版で,ジャンの3幕ヴァリの曲).
映像は1957年のもの(マリア・トルチーフ出演)なので,
間違いない思うのですが・・・何回か改訂したりしたのかな.

それとも「このヴァージョン」っていうのが何か別のこととか・・・
っていうのはありえないよなー.

えーと,以上『ライモンダおたくの小部屋』でした.

で第四ヴァリがパ・ド・トロワで,あとはジャンとライモンダのヴァリでコーダ.


今日は午前に歯医者,そのまま「加山又造展」(国立新美術館)を観て,
時間が余ったので開演前に情報センターに行った,というのもあって,
最後の方は少し疲れてしまいました(汗)
あと,席が前過ぎて映像を観るのが超疲れたし,
やっぱりダンサーと近い方が,観るときの疲れも大きい気がします.


情報センターですが,実は今日初めて行きました.
いつでも観れると思うとなかなか行け(か)ない・・・

もし情報センターの人が見ていたら一発で身バレするけど(汗)
(さすがにないか)
ちょっとスゴイことがあったので,書かずにはいられません!

最初に受付の方が,ビデオブースの使い方を説明してくださったのですが,
そのときに例えばこんな風に・・・といって
新国の公演映像から,演目を選び,出した映像が,
なんと2006年のライモンダ,
寺島さん・山本さん・冨川さんの日で,
さらに時間指定で好きな場面を見ることができます,といって
出てきたシーンが冨川アブデラクマンの
2幕のソロだったんですよ!!!

つーかまさにそこを観にいったんですけど!!

顔を見れば何のどこを観たいのかわかるの???
絶対エスパーです.

(いくつか情報センターで確認してきたことがありますが
それはまた今度書きます.)

あ,関係ないけど加山又造展,すごいよかったです~.


banner_12.gif
↑1日1クリック応援よろしくお願いします!


↑こちらも参加しています!

テーマ : クラシックバレエ - ジャンル : 趣味・実用

新国立劇場・情報誌 ジ・アトレ 3月号

本日届きました.

来シーズンラインナップのチラシ(もちろんオペラも)が同封されてました~.

バレエ関係の記事は,6月のコッペリアで初役の,
八幡さん,小野さん,江本さんのインタビューが
見開き一ページ乗ってます.

ちょっと驚いたというか,小野さん,「とても緊張してしまうタイプ」
なんだそうです.
全然見えない・・・

それと,八幡さんのコメントで
「今回の衣裳はタイツですから脚のラインを美しく、
つま先まで丁寧にやっていきたいと思います。
脚の形は訓練で変わっていきますので、毎日の稽古で
意識して自分を高めていきたいです。」

・・・って・・・

これまでタイツの役はなかったのかい!

江本さんは4月の「しらゆき姫」でも主演予定なので
そのことも少し触れられています.
こどものためのバレエということで,
ダンサーが台詞も言うんですね.

あらためて公演の案内を見てみると,
第一部ではバレエの解説などと一緒に,
新国立のバレエ団のリハーサル風景の映像の
紹介もあるとか・・・
これ,たしかチケット売り切れで,
当日券が少し出るみたいなんですけど・・・
どうしようかなぁ~~


では,明日は研修所の発表会行って参ります~

banner_12.gif
↑1日1クリック応援よろしくお願いします!


↑こちらも参加しています!

新国立劇場「バレエ・コンサート(仮称)」

昨日・今日と,会社から直帰でゆっくり家事したりが新鮮です(笑)

先週の月曜のレッスンから休んでますが,不思議と体重落ちてきました.
(劇場通いでまともに食べてないから?)筋力落ちてるやろな~・・・
でも発表会までにやせるラストチャンスなので頑張ります


さて,新国立のホームページに下記のお知らせが出ていました.


新国立劇場「バレエ・コンサート(仮称)」
~海外で活躍する日本人ダンサーを迎えて~
出演者募集

新国立劇場では、バレエ研修所研修生と、海外で活躍する日本人プロダンサーによる公演の実施にあたり、出演ダンサーを募集いたします。

公演日程 : 2009年8月9日(日) 新国立劇場 中劇場
公演内容 : クラシカル作品を中心とした、ガラ形式。 ※オーケストラ演奏つき

【応募資格】
海外で活躍する日本人プロダンサーであること。
※日本国籍、もしくは「永住者」の在留資格を持つ方*で、海外でプロとして活躍されている方。
*パスポートのコピーなど証明書類を添付してください。

(以下略.詳しいことは,新国立のホームページに載っています.)

これ,「新国立劇場『バレエ・コンサート』」というタイトルですが,
研修生と海外の日本人ダンサーってことは,
バレエ団のダンサーは出ないんでしょうかね.

この応募資格に当てはまる人ってどれくらいいるのかわからないけど,
こういう募集で集まるものなんでしょうかね??
それともだいたい出演者は決まってるけど形式的に公募してるとか.
(さすがにそれはないか.)

出演料は支払われるけれど,衣装はもちろん,交通費から
音源の使用料,振り付け作品の上演料とかも自腹だそうで.
ま,こういうのは出演料じゃなくて日本で踊る機会が得られる
ことの方が大事なのかも.

半年先なのでわかりませんが,今週末に研修所の発表会を観にいくので
(ライモンダ3幕目当てで 笑),
もしそこでお気に入りの研修生を見つけたら,行くかもしれません.
(4期生,5期生はまだ一度も観にいってないのです)



話は変わりますがライモンダのレヴューに書き忘れたこと,
どうでもいいことなんですが追記.
公演とは関係ないけど,15日の幕間,ホワイエで本島さんをお見かけしました~.
バレリーナはみんなそうですが,舞台上だと普通に見えるけど
間近で見ると,ホントにメッチャ細いですよね~.
ファンらしき人にサインしてました.
本島さんは,牧バのライモンダの公演のときも,客席で見ましたが
舞台上でもキレイだけど,ホント美人~




banner_12.gif
↑1日1クリック応援よろしくお願いします!

↑こちらも参加しています!


テーマ : クラシックバレエ - ジャンル : 趣味・実用

観劇記 2009年 2/15(日) 新国立劇場バレエ ライモンダ

2月15日(日) 14:00~ 新国立劇場 オペラパレス
新国立劇場バレエ ライモンダ

ライモンダ:川村真樹
ジャン・ド・ブリエンヌ:碓氷悠太
アブデラクマン:冨川祐樹

とうとうライモンダ祭りも最終日となりました~.

今日の感想は一言でいうなら大満足!
初日を除く5公演観た中で,トータルで個人的に今日が一番よかったです.
ま,思い入れとかがかなり入っていからかも知れないけど.

今日のキャストはゲネプロと同じでしたが
実を言うと,ゲネがメッチャ良かったんですよ.

でもゲネとか稽古場ではどんなに良くても,本番になると
ダメなことってあるので,感想には書かなかったけど.

期待してはいけないと思いつつ,かなり期待してて,
結果は期待通り(期待以上ではないけど)でした!

川村さんって,主役になってその魅力が出るタイプの人なのかな?今回を見る限り.
逆の人(脇役だとすごいいいのに,主役になると物足りない人)は多いけど,
こういう人は貴重なんじゃないでしょうか.
ファースト・ソリストになったのもわかります.

川村さんのこれまでの印象というと,BSか教育TVかで放映された
ドン・キ(ザハロワ&ウヴァーロフ)で森の女王でしたが,
最後の回転が終わってポーズとるときにキメきらなくて
正直そのときはあまり好きじゃないなーと思ったんですけど,
先日のゲネではそういう回転後のキメをしそんじることはほぼなく
(今日は少しありましたが,,),
技術ももちろんなんですが,なんというかオーラが独特なんですよね.
寺島ひろみさんの姫オーラとも,ザハロワの圧倒的な存在感とも違って,
ステキな大人の女性っていうか.
オーロラとかなら,ひろみさんの方がはまるのかもしれないけど
私は川村さんの雰囲気が妙にツボりました.

来シーズンはドン・キとくるみで主演予定ですが,
(キトリは正直どうかわかりませんが,)
金平糖は観てみたい気がします.
あと今年の白鳥でルスカヤやりますね.
でもこの人はチュチュで観たいな~.

踊りですが,登場~ワルツあたりは正直緊張している感じだったけど
ヴェールの踊りあたりからはノッてきたのか,そういう不安も感じませんでした.

2幕のグラン・アダージョは,一番説得力があったかな~,
うまく書けないけど,ただアブデラクマンをイヤがってるだけでなく,
困ってるってわけでもなく.

碓氷さんは,いいダンサーですね~.
マトヴィエンコや山本さんと比べてしまうと,少しテクニックは
不安定に見えてしまいますが,この貴公子オーラは他に代えがたいです.
ちょっと口角が片側が上がっているのがどうしても気になっちゃうんですけど,
オペグラで観なければ無問題!(笑)

そして冨川さん,今日はやはり気合が入っていたと思います.
一昨日はライモンダに逃げられると切なそうな(?)表情をしたりしてて
一途なヒラリオン風味を感じたのですが,今日はそういうのがなくて
もっと悪役な感じというか,目ヂカラがありました.

そして,今日は3幕は出ないで済んだようです.
今日スペインにキャスティングされてる高木さんがいなくて
(ワルツにも出てなかった)
八幡さんが出てたので,グラン・パのことを考えると
貝川さんが出られず,チャルのバリノフも出れないし,で,高木さんも,となると
もしかして今日も冨川さん出るの?と思ったのですが,
グラン・パには高木さん出てました.
調子が悪くてスペインは無理だけど,グラン・パだけなら,とか,
何かそういう事情があるんでしょうか??


他にはアンリエットの堀口さん,一昨日もゲネもですが,
2幕ヴァリ,一番良かったです.
表情も自然な笑顔で,緊張しないで観られるっていうか.

そして助っ人の今さんですが,パドカトルの最後のピルエットでヨレってしまい
ポーズがかなり危なかったです(なんとかこらえてましたが).
最初から手抜きしないで最後スタミナ切れしてしまうタイプらしいので,
最終日でお疲れなんでしょうかね~・・・ちょっと残念でした.



あと,全日程終わって思ったのは

・伯爵夫人の西川さん,最初はなんで・・・と思いましたが,
 かなりはまってました.

・マトヴィエンコの髪型がヘンでした.おじさんぽくなってて,
 首が短く見えてファジェーチェフ(息子)のような雰囲気に・・・
 (ファジェーチェフ好きでしたけどね)

・井倉さん,スペインも良かったですが,チャル,幻想的ワルツでも
 前列にいて結構目が行きました. 

・真忠さん,ワルツのみご出演でした.怪我でもしてたのかなー.

・芳賀さん,うまいけど地味な印象でした.マイレンと並んでたから??

・初演(4年前)に比べて,コール・ドは少しレベルダウンした感じがしますが,
 (研修所の卒業生を入れるから???)
 ソリスト級はレベルアップしたかなと思いました.
 グラン・パの8組を,ハラハラしないで観られるというか(笑)
 (助っ人が入ってたけど)
 今,日本で8組をこのレベルで揃えられる所はあまりないのでは.
 登録になった市川さん,中村さん,奥田さんあたりが入っていればもっと
 良かったんでしょうけどね~.
 (市川さんはアンドリュー2世で出てました.なんてもったいない・・)

・マズルカで出ていた酒井さん(登録コール・ド),
 今回やっと顔と名前が一致しました.かわいい!(笑)

・やはりコール・ドの原田さん,
 たまたま去年観にいった発表会にゲストで出ていて,
 応援モードなのですが,なかなか笑顔を観ることができず.
 たまに笑うとかわいいんですけど,緊張?
 頑張ってー!!

・「世界に誇る新国立劇場の代表作」とホームページに書いてありますが
 照明,装置,衣装,オケなど含め,確かにすごく完成度が高く,
 満足度も高い舞台でした!
 ビントレーになってもできれば一年おきくらいに再演して欲しいですね.
 あ,振り付けは変わったほうがいいところもあるけど・・・

また思い出したらぼちぼち書き足したいと思います~.

しかしこの一週間は疲れました
しばらく膝も痛くてレッスンもできないので,
ゆっくり疲れを取りたいと思います・・・.
(仕事は?)


banner_12.gif
↑1日1クリック応援よろしくお願いします!

↑こちらも参加しています!


テーマ : クラシックバレエ - ジャンル : 趣味・実用

観劇記 2009年 2/14(土) 新国立劇場バレエ ライモンダ

2月14日(土) 18:30~ 新国立劇場 オペラパレス
新国立劇場バレエ ライモンダ

ライモンダ:スヴェトラーナ・ザハロワ
ジャン・ド・ブリエンヌ:デニス・マトヴィエンコ
アブデラクマン:森田健太郎

ライモンダ祭りも5日目(初日は行ってないけど,ゲネを入れて),
さすがに疲れてきましたが,(でも一応まだ上演中は一睡もしてません)
本日の感想を一言でいうなら 「とっても満足」 です

まず,一昨日はちょっと残念な感じのザハロワでしたが,
今日は夢の場が不安定だったものの,
一昨日にくらべるとかなり好調だったと思いました.
何よりその証拠(?)に,カテコのとき
マトヴィエンコのザハロワへの態度が違った(笑)

カテコ自体も一昨日よりかなり拍手も多く盛り上がってました.
一昨日は平日だから内容だけの違いではないでしょうけど.

ただ(失敗ばかり書くのは気が引けるんだけど),
やっぱり気になってしまったのは,2幕でだいぶハデに
ズベッ!と滑ってました.
(今回こういうの多い気がするんですが,(古川さんとか,小野さんとか)
今までそんなに気にして観ていなかったから気づかなかっただけなのかな.)

それをのぞくと2幕以降は,キラキラオーラもありながら
気品,威厳も感じられ,雑さも気にならない程度で,
(気になる程度には個人差があるでしょうが)3幕は涙がでました~!




そのほかは箇条書きで~

・古川さん,プログラムだと今日は2幕の出番はないのですが
 福田さんの代わり?でサラセン人で出てました.
 吉本さん,八幡さん,古川さんという豪華なサラセン人,
 滞空時間競争って感じでした.
 いいもの観させてもらいました~.

・マイレンくんのチャル,
 一昨日は西川さんよりも全然目立っていたのですが
 今日はちょっと西川さんを立てている感じで
 濃さは下がりましたが好感度はアップ.
 一昨日は逐一西川さんより高く脚を上げていて
 何もそこまで・・・って感じだったので
 (それも好きなんで,両方観られて良かったですが).

・夢の第二ヴァリの寺田さん,
 今日はさらにパワーダウンでポアント落ちてしまい
 その次のアラベスク(?)ではポアントが落ちる前に立てない状態に
 元々踊りのタイプも苦手ですが今日はかなり残念な感じでした.

・アンリエットの西川さんは,一昨日は良かったけど
 やはり今日はパワーダウン(2幕のヴァリ,難しいですけどね).
 連日出ている人には疲れがたまってくる頃なんでしょうか...


そしていよいよ明日は千秋楽,川村さんですね,
実は今回一番期待しているのは明日なんです.
では,疲れを残さないように今日も早く寝ます!


banner_12.gif
↑1日1クリック応援よろしくお願いします!

↑こちらも参加しています!

続きを読む »

テーマ : クラシックバレエ - ジャンル : 趣味・実用

1000HIT御礼

昨夜はライモンダ祭りが終わったら,と書きましたが
忘れないうちに!ということで,
1000HIT御礼で,ライモンダの動画をご紹介します.
(この動画はEさんに教えていただきました.)

ボリショイのガラ公演,
グラチョーワ&スクヴォルツォフ,のようです.
ソリストのヴァリ,パ・ド・カトルも入っています!

ソリストのヴァリで手をたたいていますね.
マネしたいな・・・もう今から振りかえられないけど.

一度グラチョーワで全幕見てみたいですね.
このヴァリとか生で観たら鳥肌だろうな~・・・









banner_12.gif
↑1日1クリック応援よろしくお願いします!

↑こちらも参加しています!

テーマ : クラシックバレエ - ジャンル : 趣味・実用

観劇記 2009年 2/13(金) 新国立劇場バレエ ライモンダ

と,レヴューに入る前に,本日(13日)1000HITでした.
みなさま,ご訪問どうもありがとうございます~!

たいしたことではありませんが,ライモンダ祭りが終わったら
改めて1000HIT御礼ということで,
いくつか動画をご紹介する予定です☆


本日のレヴューは以下です-------

2月13日(金) 18:30~ 新国立劇場 オペラパレス
新国立劇場バレエ ライモンダ

ライモンダ:本島美和
ジャン・ド・ブリエンヌ:山本隆之
アブデラクマン:冨川祐樹


今日も5時ダッシュして行ってきました~.
3階席はガラガラでした.
そりゃ直前にチラシが送られてくるわけだ,っていうくらい.


本島さん,行く前は正直どうなんだろうな~と思ってましたが,
難役を無事乗り切ったという感じでしょうか・・・
一幕のワルツのコーダのシェネで大きくバランス崩していましたが
その後は調子は良くなってました.

あとニキヤとジゼルを観たときは思わなかったけど,
今日はカタイというか,力みをすごい感じました.
役柄にもよるのかな.

全体にはいくつか「っとと・・」っていうのはあるんですけど,
この役の難しさからいくと仕方がないのかなと.
そう考えるとひろみさんはすごかったですね.

(ひろみさんといえば,観たときはスタミナ切れだと思ったのですが
ホームページによると2幕で脚がつったんだそうです.
一瞬足がフレックスになったときがあって,「???」と思ったんですが
そんなアクシデントがあったとは全然気づきませんでした.)

とにかくライモンダは難しい,んでしょうね.

山本さんは一昨日の方が調子がよかったのかなと思いました.
全体的にとてもキレイで力強さもあったけど,
回転の最後とか,ポーズのときの決まり方とか・・・
目が慣れちゃったのかな.

そしてお目当ての冨川さん,ほどよくセクシーさのある
アブデラクマンで今日観られてよかったです!
やっぱり雰囲気がありますね,
森田さんに比べると踊りの安定感はどうしても気になりますが,
ライモンダを想う気持ちがより伝わる感じでした~.
(ひいき目です)

気になったのはマントの扱いにちょっとてこずってる感じがありました.
プロローグ?では裾を踏んじゃったりしていて.
ゲネでは全然そんなことなかったんですけどね.

そうそう,ゲネでアブデラをやったあとの3幕に冨川さんがグラン・パで出ていて,
まさか本番はそんなことないだろうと油断(?)していたのですが,
今日は2幕の幕が下りた後に冨川さんが一人だけ,
紗幕の前にカーテンコール出てきたんですよ.
もしかして・・・と思ったら,やっぱり,グラン・パ出てました.
貝川さん降板のあおりを受けたんでしょうか.
コーダなんて相当お疲れのご様子でした.
こっちはたくさん観れてうれしいですがご本人は大変ですよね・・・.

あと2幕のレヴェランスはすぐ引っ込んでしまったので,
本当だったら最後のカテコでいっぱい拍手受けられるはずなのにー,なんて.


他には,小野さんのクレマンス,期待通り,期待以上でした.
ヴァリエーションはテンポの速めの曲ですが
全然忙しくならないで大きく動いているのがすごかった.
どんな回転でも跳躍でも上品だし力みもゼロだし.
重心がブレることが全くないというか.
「っとと,,」っていうのが皆無なんですよー.

グラン・パでも,ひいき目なんでしょうけど
ちょっとした顔の角度とか,ポーズをとるタイミングとかが
絶妙なので目を引くし(好みもあるでしょうが),
早く古典の全幕主演を観たいです.
来シーズンは本当楽しみです.


あと古川さん,ここ数日観ていて気になったのは
結構なんともないところでブレるんですよね.
ご本人のブログによると軽い肉離れをやってしまった
そうなので,その影響もあるんでしょうか.
今は完全に応援モードです.


そうそうマイレンくんのスペインですが,
以前の記憶の激濃ではなかったです.
普通に濃厚くらい(笑)
でもすごかった,江本さんの日も悪くなかったのに
まるで別の踊りのようでした.

では,今日もこのへんで.また明日・・・


banner_12.gif
↑1日1クリック応援よろしくお願いします!

↑こちらも参加しています!

テーマ : クラシックバレエ - ジャンル : 趣味・実用

観劇記 2009年 2/12(木) 新国立劇場バレエ ライモンダ

2月12日(木) 18:30~ 新国立劇場 オペラパレス
新国立劇場バレエ ライモンダ

ライモンダ:スヴェトラーナ・ザハロワ
ジャン・ド・ブリエンヌ:デニス・マトヴィエンコ
アブデラクマン:森田健太郎


ゲネを入れると3回目,ちょっと個人的に中だるみですが・・・(笑)


初日は見てないので今年初・ザハロワです.
一時期,ちょっとカンロクでちゃった・・・?と思った頃もありましたが
本日はとても美しかったです.

マトヴィエンコは,今日は特にとても良かったと思います.
特に3幕ヴァリ!キレもあるしジャンプも軽やかだし,
最後のかかとを打って見得を切るポーズもよかったです!
リフトはちょっと苦しそうなところもありましたが・・・

森田さんは,3連チャンですね.ちょっとお疲れかなーって感じでした.


昨日,主演の人によっても振り付けが違うって話を書きましたが,
そうそう,ここのライモンダは,初演の時から,
ゲストの所属バレエ団風?になるんですよね・・・

まず,1幕のライモンダの登場,お花を拾うところはありませんでした.
(普通にアチチュードするだけ)
これは前回もそうだったか記憶にありませんが・・・
あと,2幕のコーダのシェネで回るところは対角線にピケ→シェネ,と,
ボリショイの映像そのまま(これは初演からそう).
で,やはり最後はリフトなし.
1幕のワルツのコーダもリフトなし.
(ほかにもいくつか振り付けをカンタンにしているように見えた)
ヴァリエーションも全部ボリショイ風でした.

こういうのってゲストはリハーサルの期間が少ないから??
ベルナールと組むところのリフトの難易度を下げるのは
男性側にも身長がつりあう人がいないからわかるけど,
ヴァリの振り付けについては,初演時,ザハロワはライモンダが
レパートリーに入ってなかったからそれは理由にならないですよね.
前回公演のパヴレンコなんか衣装もキーロフのだったらしいし,
いながらにしていろんなバレエ団風味が楽しめるという
ファンサービスなんでしょうか(笑)

ヴァリエーションの振り付けが人によって違うとなると
これは牧先生の改訂・振り付けとはいえないと思うんですが
要するに作品全体に対するポリシーがないっていうことですよね.
(ま,いまさらですが.)

ライモンダってそもそも踊りがいっぱいでどこをとっても見所ばかりだけど
全体としての構成というかメリハリのある作品じゃないから,
一貫性とか世界観とかを求めても仕方がないってことなのかもしれませんけどね.


で,踊りのことですが,
ザハロワはすごく美しかったんですが,
今日の踊りはだいぶ雑に感じました.
特に一幕のヴァリ(3つとも).

脚を高くあげる度に「あらよっと!」って聞こえてきそうな.
一緒に観にいったCちゃんも不満げ.
ま,期待値が高すぎるんでしょうが
1幕のピチカット,ヴェールの踊りに関しては昨日のひろみさんの方が
好きでした.

でも雑な感じが漂っててもやっぱり立ち姿だけで美しいんですけどね・・・

一応2幕,3幕といくにつれてよくなってきましたけど,
Cちゃんいわくペレンの方が全然よかったそうで
(観ればよかった・・・).

ザハロワはたまに(しょっちゅう?)「雑だな~」って時がありますが,
今日はその中でも一番イマイチな感じでした.
ペース配分にしては抜きすぎ.
機嫌悪いの?

あと昨日,ひろみさんのアームスが気になるって話を書いたけど,
そうそう,ザハロワも同じようなことがあります
(アームスが肩より後ろにいく).
やっぱり,あまりそこの部分は好きじゃないです.
だけど,ザハロワ(に限らずアングロサクソンとかも)は,
上半身がわりとしっかりしているので,
それをやってもそんなに貧相とかいっぱいいっぱい感がないんですよねー.
そこが大きく違うと思いました.


あと良かったのは夢の場の第一ヴァリの厚木さん.
拍手もひときわ大きかったです.
第二は寺田さんだったんですが,やっぱりどうも苦手・・・
昨日の高橋有里さんがいかにすごかったか再認識しました.

あとはチャルのマイレンくん.(なんとなくくんづけ)
バリノフの端正?なチャルに比べ,濃厚風味(笑)
激濃スペインが見られないのが残念だと思っていたら,
貝川さんの代役で明日一日だけスペインをやるようです.
(残りの日は江本さん)


あとアクシデントというか,幻想的ワルツで,転んで手をついちゃった人がいたので
後から観てみたら,どうやら小野さん・・・?(多分)

では明日もあるしこの辺で~.
明日は冨川さんのアブデラクマン!
ちゃんと睡眠とって備えたいと思います.

banner_12.gif
↑1日1クリック応援よろしくお願いします!

↑こちらも参加しています!

テーマ : クラシックバレエ - ジャンル : 趣味・実用

マリインスキー・バレエ来日公演情報

↓↓↓今日のライモンダの感想はこの下の記事にあります↓↓↓

ライモンダの会場でもらったチラシ情報を一応.

白黒のコピーみたいなチラシですが,

マリインスキー・バレエ
2009年11~12月来日
4月下旬前売り開始予定
公演の詳細は近日発表

・白鳥の湖 セルゲーエフ版
・眠れる森の美女 セルゲーエフ版
・イワンと仔馬 ラトマンスキー新演出版(2009年)
・オールスター・ガラ

主な来日予定ソリスト(変更になる場合がありますので,予めご了承ください)
ロパートキナ,ヴィシニョーワ,テリョーシキナ,ソーモワ,
オスモールキナ,オブラスツォーワ,ノーヴィコワ,コンダウーロフ,
ファジェーチェフ,コールプ,コルスンツェフ,サラファーノフ,
クズネツォーフ,ロブーヒン,シクリャローフ,コズロフ ほか

とのことです~
確かフォーキン・プロやるとかいう話があったと思ったんだけど・・・
結構期待していたんだけど,それだと集客力ないんですかねぇ.

ロパートキナってオーロラはレパートリーにあるんでしたっけ.
ロパのオーロラだったらメッチャ観たいですが.
白鳥は前回来日でロパ&コルスンを観ているので,いいかな・・・
って書いたけど,また観られるなら観たいかも.
4月じゃあその後キャストが二転三転してもおかしくないし,
どうせ安い席しか手が出せないから
売り切れることもないだろうし,直前まで様子見ですかね~.


banner_12.gif
↑1日1クリック応援よろしくお願いします!

↑こちらも参加しています!

テーマ : クラシックバレエ - ジャンル : 趣味・実用

観劇記 2009年 2/11(水) 新国立劇場バレエ ライモンダ

2月11日(水) 14:00~ 新国立劇場 オペラパレス
新国立劇場バレエ ライモンダ

ライモンダ:寺島ひろみ
ジャン・ド・ブリエンヌ 山本隆之
アブデラクマン:森田健太郎

行ってきました~!


寺島さんは突然のパートナー変更でも不安を感じさせることもなく,
出だしからあふれんばかりのキラキラオーラが出まくっていました.

山本さんは相変わらずの完璧な貴公子・・・
(3幕のヴァリでちょっとバランス崩しかけてヒヤっとしましたが.)

森田さんは,もうちょっとセクシーさがあってもいいかなーと思いますが(笑)
前回よりはあったかも.ちょっと絞ったのかもしれないです.

(森田さんと山本さんはまだ見る機会があるのであまり書きませんが)

全体では,ゲネの追記で少し書きましたが,
前回は2幕のライモンダと友人たちのヴァリ(とコーダ?確か.)が
アブデラクマンの登場前に入るという改訂がされていたのですが,
これが元に戻っていて安心したのと,
あと前は確か3幕のアントラクトをグラン・パの前だか中に持ってきて
ライモンダとジャンのパ・ド・ドゥにしていたのですが,
これもなくなっていてよかったです.

上演するごとにちょっとずつ改良しているんですねー.
他にも振り付けが少し変わった所,
前回とも初演とも違ったところ,
前回変わったけど初演と同じに戻ったところなどが
あるっぽいです.

3幕のギャロップの最後とか,(左右に移動するステップの数)
あと私の記憶が定かなら,2幕のコーダの最後のポーズは
初演と前回でも違ってて,
ゲネと今日でも違った気がします.
(リフトだったり,両側で支えてたり)
こういう細かいところは主演の人によっても変えてるんですかね.


でもこれが最終版ということになりますね.
細かいところは気になるところもあるけど,
全体としてはとっても好きです
(何度も観てるから愛着なのかもしれませんが・・・)

もう初演から数えて(ゲネも入れて)すでに通算10回近く観ている計算になるので,
当たり前になっちゃっているところもあって
何から書いたらいいかわからないですが(笑)
ま,気づいたことから順に書いていきます~.


ひろみさんは1幕のピチカットは本日の白眉(っていうのかな)だったと思います.
かわいらしさ,存在感,テクニック,表情,と
文句のつけようがありませんでした.
ですが夢の場あたりからちょっとスタミナ切れかな?と
思うところがチラホラ・・・
3幕のヴァリもステキでしたが,ピチカットのときほどの
感動はなかったかも.

あと,今までひろみさんの踊りにずーっと違和感があったのですが,
それが何なのか今日わかりました.

彼女,よくアームスを横に出すとき肩より後ろにいくというか,
腕が後ろなのか,肩を引いているのか,ちょっとわからないんですけど・・
それ自体が悪いことではないのかもしれないけど
彼女の場合,それでいっぱいいっぱい感が出てしまうというか,
力んでいる感じになって肩まわりが貧相に見えたり
肩がすごい硬い人っぽく見えちゃうんですよね.
ついでにそのときはサル手になっている(ように見える)し.

これまで直さずにきたっていうことは好き好きなのかもしれませんが,
私はどうもダメです.(それ以外は好きなんですけど)
まゆみさんではそういうことを感じたことはないんですけど,
ひろみさんの方が見る機会が多いから気づいただけなのかもしれないです.


今さんは本日もワルツ,グラン・パ,パ・ド・カトルと
出演されてました~!

カトルに助っ人を出すくらいなら古川さん出して欲しい気がしますが,
身長のバランスとかがあるんですかね・・・
(そういえば八幡さんもカトルは入らないですもんね)

グラン・パは古川さんも(やはり)出ていて,
冨川さん,古川さん,小野さん,今さんと,
どこを観ればよいやら・・・

古川さんといえば1幕のワルツ(グランワルツでなくて,
ピチカットの後のワルツ)で,ズルってなってました
ドリ伯爵夫人の西川さんも,2幕の登場シーンで衣装の裾を踏んじゃっていて,
新国ってこういうの少ないから気になっちゃいますね.
(ま,初演のときはザハロワがウヴァーロフのマントを
踏んづけていたらしいですけど・・・)

まあこういうところが気になるのは全体のクオリティが高いことの
裏返しなんでしょうけどね.
逆に踊りで「これはちょっと・・」みたいなのはなかったです.

スペインの井倉さんは,登場時は「ちょっと若すぎ?」と思ったけど
(ゲネで観たのが遠藤さんだったので余計に・・・)
踊りだしたら意外と良くて,研修所の発表会の時から
だいぶ力をつけてるのかなーと思いました.
こういうチャンスをモノにしていって欲しいものです.


逆に苦手だなーと思ったのは寺田さんでした.
来シーズンドン・キで主演予定ですが,
そういうキャラならいいのかもしれないです.

あと,オケはかなり良かったです!
当たり前かもしれないけど,ゲネより全然良かったです.
(逆に,踊りは全体的にゲネと今日であまり差を感じませんでした)
幕間にフルートの人が練習してたのですが,
2幕のライモンダのヴァリ,曲芸師の踊り,
3幕のグラン・パ,とかあとは覚えてませんが
いろんなところで大活躍なんですね.
あの時間集中力を保って演奏続けるのはホント大変だと思うんですが
ダレることもなくていい演奏でした~.

ライモンダ祭りは日曜まで続くので,今日はこの辺で~


banner_12.gif
↑1日1クリック応援よろしくお願いします!

↑こちらも参加しています!

テーマ : クラシックバレエ - ジャンル : 趣味・実用

膝痛

昨日,2/9のレッスン日記です.

午後のゲネを観にいくために有給取ったものの,日曜の疲れが全然取れてませんでした.
先生もお疲れのご様子・・・

ですが,もう本番まで時間がないので,
日曜の待ち時間にリボンをつけたポアントをおろしました.
そしたらゴムがゆるい
つけかえなきゃ・・・

・グラン・パ・ド・シャ 足の甲から蹴りだす
・視線はなんとなく向くのではなく,何でもいいから何かをちゃんと見る.
 空間を見ているだけでは踊りにメリハリがつかない.
 それだけで踊りが変わる.
・ファイィの肩は水平,後ろの肩の高さを変えずにもっと引く.
 腕は後ろになりすぎない.
・ジュテのプリエ深く(まただ・・)


で,また膝やっちゃいました.
立てば膝痛,座れば腰痛,,,(歩く姿はおばあさん)
腰をかばってるところに,ポアント下ろしてトドメを刺してしまったのかなぁ~

レッスン中は何事もなかったけど,帰りの駅降りたら急に激痛!
しかも今度は左
全然歩けなくってタクシーで帰りました.
今日もまだびっこひいてますが,
右やったときもほぼ同じ経過をたどってるので
一週間もすれば落ち着きそうです.

明日は休日,金曜はライモンダを観にいくためレッスン欠席,と
レッスンできない週なので不幸中の幸い.
ライモンダ祭りの合間をみて接骨行かないと・・・

こうなると階段は手すりを使わないと昇降できないんですが,
この時期の手すりの冷たいこと!!
嫌がらせに近いです.
(あと,夏場は屋外の手すりは熱くて触れない)

つーか体重落とせってことですかね・・・

banner_12.gif
↑1日1クリック応援よろしくお願いします!

↑こちらも参加しています!

テーマ : クラシックバレエ - ジャンル : 趣味・実用

新国立・ライモンダ キャスト変更

今日はライモンダ初日でしたね~.
ザハロワをはじめ,どうだったか気になるところですが,
明日の楽しみのためにもネットはあまり見ないことにします


で,タイトルの件,本日17時過ぎに,新国立のお知らせメールが来ました.

11日にジャン・ド・ブリエンヌ役で出演予定だった貝川さん,
体調不良により降板だそうです.

代役には,アブデラクマンの予定だった山本さん,
そしてアブデラクマンに森田さんです.

山本さんのアブデラクマンは11日のみの予定でしたから
他にどうにかならなかったのかなーと思うけど,
マトヴィエンコじゃ3日連続になっちゃうし
碓氷さんよりは前に組んだことのある山本さんなんでしょうね.
山本アブデラクマンは,前回見逃してしまっていたので残念です~.

貝川さんは初役ですよね,最近主役も増えてきているところなのに
残念ですが,大事でないことを祈ります~.


banner_12.gif
↑1日1クリック応援よろしくお願いします!

↑こちらも参加しています!

テーマ : クラシックバレエ - ジャンル : 趣味・実用

新国立劇場バレエ「ライモンダ」ゲネプロ行ってきました

公演じゃないけど・・・
本日2月9日14:00~,
オペラパレスにて.

ゲネプロなので踊りについては書きませんが.
貴重な体験なので一応記録として~.

席は,受付時に名前を言うと,
ランダムに座席番号を割り当てられました.
場所は1階の18・19列の上手.
アトレ会員の割り当て席は30席くらい?
実際きていたのは10人台でしょうか.
まあ平日の昼間だから来れる人は少ないでしょうね.


一応以下の3役のキャストだけは注意事項(席は空いてても移動できません,とか)
と一緒に配られました.

ライモンダ:川村真樹
ジャン・ド・ブリエンヌ:碓氷悠太
アブデラクマン:冨川祐樹

そのほかも,確認できた限りでは
発表されている15日のキャストと同じでした.

ゲネプロといっても途中で止めたりすることもなく,
マイクで芸監とか舞監から指示が入ったりとかもほぼなく,
ゲネプロっぽいなと思ったのは,
子役がいなくて稽古着姿のダンサーが
代わりに入っていたこと,
幕が下りると指揮者が何箇所かやり直ししていたこと
くらいでした.
(このとき指揮者がいろいろ指示しているのも
興味深かったけど,残念ながら英語で全く聴き取れず)

あと,客席には15分前に通されたのですが,
そのときはまだ幕が上がっていて,舞台上でアップする
ダンサーを見ることができました.

そのときに,何気な~く,
「あー,この人誰だっけ,えーと,前にもライモンダで見たよな・・・」
って思って見てたら・・・

何と,牧バの今勇也さんがいました!
(今さんは,Cちゃんの発表会にゲストで出演されていて,
勝手に今先生と呼んでいます~
あと去年牧バのライモンダを観にいった時,
ベルナールをやっていたので記憶に新しいです.)
1幕のグラン・ワルツと,3幕のグラン・パ,そしてパ・ド・カトル
にも出てました.
今さんはホントかっこいいですねー.得した気分でした~
でも新国もそんな助っ人が必要な状況なのかと思うと
ちょっと切ないですね・・・

古川さんは予想どおり?グラン・ワルツと,サラセン人でご出演でした.
サラセン人,よく跳ぶわ!!すごい滞空時間.
残念ながらグラン・パには出ていませんでしたが,
これは日替わりで出る日もあるのではないかと予想.

そしてアブデラの冨川さんですが,
なんと3幕のグラン・パに出ていて,
全部15日のキャストでやるものだと思っていたから
かなり驚きました.
3幕はもう見られないと思っていたので
コレも得した気分でした.

小野さんはグラン・パとパ・ド・トロワ.
(ワルツにもいたのかもしれないけど未確認)

最後はカーテンコールまでちゃんとやっていました.
冨川さんはグラン・パの衣装でレヴェランス・・・

ま,ほとんど本番に近いものを観ることができたのと,
やはり開幕前のアップしているところを見れたのが
マニアとしてはとてもおいしいゲネ見学でした.
また是非やって欲しいです~.

しかし腰痛の身には長丁場の座りっぱは堪えました.
明日の初日は行きませんが明後日から日曜まで連チャン,
ライモンダ祭りスタートです.


あ,あと以下はバレエ情報ですが,
今日「新国立劇場営業部バレエ担当」さんから
ライモンダとThe Chicのチラシが送られてきました.
ライモンダは普通のチラシのほかに,あらすじ解説&人間関係図
(よくドラマの説明とかででてくる,

           「ライモンダ」
           ↑     ↑
         婚約      片思い
        ↓           ↑
「ジャン・ド・ブリエンヌ」←決闘→「アブデラクマン」

                    みたいな・・・)

までついていました.

ちょっと大き目のフォントで
「今回の『ライモンダ』は、牧阿佐美芸術監督のもとでの最後の全幕上演です。
この記念すべき公演を美しい思い出として心に留めていただきたくご案内申し上げます。」
って書いてありました.

売れてないんですかねー,チケット.
そういや一般発売が始まってから12日のチケットとったんですが,
ザハロワの日だけど,とてもいい席が取れて驚いた記憶が.

こういうの(チラシ)は来るのに,来シーズンラインナップのチラシは
まだ送られてこないんだけど・・・
(マールイの公演会場で手に入れたけど.)

しかも,
「さる1月15日に2009/2010シーズンのラインアップが発表になりました。
これを受けまして(中略)・・・会員の皆様にこのお便りをお送りいたします。」
って書いてあるから,来シーズンの詳細情報かと思いきや
明日からのライモンダ.
何をどう受けてるんだろう(笑)

あ,お手紙?の中でも
「牧阿佐美・芸術監督のもとでの最終上演」って
小見出しで強調してありました.

あと,「The Chic」では,新国立のダンサーの井口裕之さんが振付けた
「空間の鳥」の同時上演が決定した,とのことです.

井口さんは来シーズン,新国立バレエ団のダンサーがコンテに本格的に登場するという
「Dance to the Future」においても作品を提供する,と書いてありました.

この公演は新国立のコンテ公演にバレエ団ダンサーが出るんですね.
来シーズンラインナップはバレエのみ見ていてコンテはノーチェックでした.
井口さんのほかには,以前バレエ団に「オルフェオとエウリディーチェ」を
振付けたドミニク・ウォルシュ,あと能美健志さんらの作品を上演するそうです.


banner_12.gif
↑1日1クリック応援よろしくお願いします!

↑こちらも参加しています!


レッスン日記はまた後で書きます~

続きを読む »

テーマ : クラシックバレエ - ジャンル : 趣味・実用

腰痛

とうとうやっちまいました~・・・
気をつけなくっちゃ,と言ったそばから!

今日はリハーサルが夕方からだったので,
昼過ぎに美容院に行ったんだけど・・・

雑誌を読みながら待つこと30分ほどのある瞬間,
ふと,気づくと腰が痛い.結構痛い.
座り続けるのが苦痛なくらいイタイ

仕方がないのでその後は超・いい姿勢のまま座ってました.
(でもまだ痛い)

その足でリハーサルへ.
予定より早く着いてしまったけど,腰のことがあるので
入念にアップしたかったのでちょうどよかったです.
ストレッチしつつポアントのリボン付け,筋トレ,
プリエ,タンジュ,とゆっくりゆっくりやっていたら
あっという間に一時間.

腰はやはり動かすと調子が良くなり,イスに座るとダメ.
なのでリハ中は大丈夫でした.

ヴァリは
・左脚デリエールでポーズの時,重心前足に.
 そうしないと次のパが踏み出しにくい
・最初のパドブレ,上体前
・パッセパッセで下がるところ,スス閉じる

今日は言われたのはそれくらいかな~,
自分的に今後の課題はやはりペース配分,
最初緊張するところをいかに力を抜くか.
後半はイヤでも盛り上がるので.
昔はこんなに力を抜けないようなことは
なかった気がするのだけど・・・
そう自分で思っているだけかなぁ.

あとカトル→パッセのところは
先生も「ここはいいのよね,」的な言い方で,
一応安定はしているのだけど,
自分的には最後に思いっきり見得を切りたいのだけど
あんまりタメてるとその前にポアントが落ちてしまうので
(調子がいいと乗っていられる)ここをなんとか
タメられるようにしたいところです.

あと言われたわけではないけど,意識しないとと思ったこと

・引き上げ,パワーハウス(ピラティス用語)を常に意識

・かかと前,つま先うしろ!!


さて,明日は会社を休んで(汗)新国立のライモンダ・ゲネプロです♪


banner_12.gif
↑1日1クリック応援よろしくお願いします!

↑こちらも参加しています!


テーマ : クラシックバレエ - ジャンル : 趣味・実用

ペース配分

昨日から久々に偏頭痛と、今朝は寒気、くしゃみ、関節痛で、どうやら風邪をひいたみたいです…
けど咳がないのと明日休みだしヤバかったら帰ることにしてレッスン行きました。

やっぱり集中力を欠くようでたまにポアント落ちたりしましたが、
一応ヴァリまでやりました!

・最初のパッセパッセで回るところ、勢いをつけすぎない
・最初はもっと力抜いて、だんだん盛り上がる(今日の感じで)
・カブリオールの後ろ脚は、すぐ落とさないで打って→上げる。時間がないけど少しでも。


頭痛で不安だったけど却って最初の力が抜けて、ペース配分としては良かったようです。

今週からは、発表会まで毎週日曜リハーサルです。
明日はゆっくり休まないと、って、いつも午後まで寝てますが。

新国立・ライモンダ ソリストキャスト

来週の10日から始まる新国立のライモンダの
詳しいキャストが(やっと)発表になりました.

ライモンダに関してはオタク全開で本当すみません.
今後も気が済むまで書きます(笑)

【ライモンダ】
 スヴェトラーナ・ザハロワ(10・12・14日)
 寺島ひろみ(11日)
 本島美和(13日)
 川村真樹(15日)

【ジャン・ド・ブリエンヌ】
 デニス・マトヴィエンコ(10・12・14日) 
 貝川鐵夫(11日)
 山本隆之(13日)
 碓氷悠太(15日)

【アブデラクマン】
 森田健太郎 (10・12・14日)
 山本隆之(11日)
 冨川祐樹(13・15日)

 ドリ伯爵夫人:
 楠元郁子(10日,12日,14日)
 西川貴子(11日,13日,15日)

 アンドリュー2世王:
 市川 透

 クレメンス:
 丸尾孝子(10日,12日,14日)
 寺田亜沙子(11日,15日)
 小野絢子(13日)

 ヘンリエット:
 西川貴子(10日,12日,14日)
 堀口 純(11日,15日)
 さいとう美帆(13日)

 ベランジェ:
 マイレン・トレウバエフ(10日,11日,12日,14日,15日)
 グリゴリー・バリノフ(13日)

 ベルナール:
 冨川祐樹(10日,11日)
 芳賀 望(12日,14日,15日)
 江本 拓(13日)

 第一ヴァリエーション:
 厚木三杏(10日,12日,14日)
 さいとう美帆(11日,13日,15日)
 
 第二ヴァリエーション:
 寺田亜沙子(10日,12日,14日)
 高橋有里(11日,13日,15日)

 スペイン人:
 井倉真未(10日,11日)
 湯川麻美子(12日,13日,14日)
 遠藤睦子(15日)
 江本 拓(10日,11日,15日)
 貝川鐵夫(12日,13日,14日)

 チャルダッシュ:
 西川貴子(10日,12日,14日)
 大和雅美(11日,13日,15日)
 マイレン・トレウバエフ(10日,12日,14日)
 グリゴリー・バリノフ(11日,13日,15日)

 グラン・パ ヴァリエーション:
 西山裕子(10日,12日,14日)
 遠藤睦子(11日,13日,15日)

やはり寺田さん・堀口さん・井倉さんと,研修所卒業生を
強力プッシュですね~.

個人的には,グラン・パのヴァリはお二人とも観たことがあるので
他の人も観たかったな~というのと,
マイレンさんの激烈濃ゆいスペイン人が見られないのがとっても残念.

あと,古川さんのお名前がない・・・(涙)
ワルツとかグラン・パとか,
あとサラセン人(新国の牧版では男性3人の踊り)あたりで
出演されるんでしょうか.
ま,こういうのを予想して探すのも楽しみだったりします.

サラセン人といえば前回公演で冨川さんがサラセン人やったときに
すご~い流し目できゃ~と思った瞬間ズルっと滑っていたことがあって
強烈に覚えてます.(こういうことは忘れないものですね・・)

楽しみなのはやはりクレメンスの小野さん.
チャルの大和さん,バリノフくん.(かわいいのでくんづけ)

あと私が冨川さんのファンになったのは
初演時のベルナールを観た時なので
これも楽しみです~.


banner_12.gif
↑1日1クリック応援よろしくお願いします!

↑こちらも参加しています!


続きを読む »

テーマ : クラシックバレエ - ジャンル : 趣味・実用

左手

また手の話。

ブログ始めたときはレッスンって毎回やること同じだし
書くことないだろうと思ってたけど、こうやって書いてみると
意外と毎回あるものです。

一昨日のレッスンはなんでもないようなことが全然できなくて、
今日も少し気乗りしなかったんですが、まあ一昨日よりは良かったです。

膝はOK、しかし代わりに非常に腰がだるい。
これまで腰痛になったことは一度もありませんが、
接骨院では「そうとうキテるはず」と言われ
かなり負担がかかっているようで、
これも気をつけないと。(腹筋かな)
ホント、歳はとりたくないものです…。


フェッテはリハでは回れなかったけど、
ヴァリはやらなかったので自主練では回転モノばかりやっていたら先生に
「右手と右足はキレイに回ってるから、左手なんじゃない?」と言われて
左手を注意したら、少し上体傾いてたけどブンブンと回りました~。
今まで、右足に引っ張られないように左手を開く時すごく張ってたんですが、
体の斜め前に控え目に開くようにしたらかえってよかったのです。

こういうのはその時の右の力の強さにもよるだろうから(体重でも違いそう)、
毎回これが正解でもないだろけど。

その時先生にも話したけど、こうやって注意いただいてできるようになっても、
次のレッスンではできなくて何が違うのかわからない、
でまた注意して頂いての繰り返しですよね。
こうやって少しずつ確率があがってくのかもしれないけど
賽の河原のような虚しさが…
これに堪えた人だけが上達するのかしら??

あと体の前で両腕を重ねるポーズ、腕が体に近くなると胃が出て反りやすい。
(でその後の回転が崩れる。)


banner_12.gif
↑1日1クリック応援よろしくお願いします!

↑こちらも参加しています!

テーマ : クラシックバレエ - ジャンル : 趣味・実用

短手

5日ぶりレッスンです。

先週から(個人的に)レッスンはポアントしばりで。
しかし途中から膝が…冷やしたかな?
フェッテは、やっぱり気合いがないと全然ダメですね、今日は気合いが足りないです。

ヴァリは一回やりました。
・アンオーの手が低いので長く見せるように(手が短いんです…)
・ポーズとるときはもっと角度をつける(腕、首)
・腰に手をあてるときに肩を上げない
・プリエ深く(何事も…)

ピケアンデはダブルは怖かったのでチャレンジせず…このまま慣れてしまいそうで逆に怖いです。

先週のぼせたのは別に風邪引いたわけじゃないんだけど、
やっぱり体力落ちているようです。
地道に筋トレあるのみか、、あと、ジョギング再開かな?寒いけど~