ヴァリエーションと近況

どうも〜、Raymondaです。

前記事にちょっと書きましたが、4月の新国「カルミナ・ブラーナ」千秋楽を見て参りました。

しかしその前に12月に発表会、年末にはストレッチのイベント講師、
2月にはストレッチの同期のスタジオの発表会に出演させていただいたりと
なんだかんだで元気にやっております。

発表会はヴァリエーション決まったよ〜ってとこまでしかご報告してませんでしたが、
結局難しすぎて踊れなくてヴァリエーション変えたんです(苦笑)

影の第一から、第二に変えました!
結局、またジャンプばっかり(^ ^ ;;


参考にしたのは・・・


オシポワ



アレクサンドロワ



ナタリー・リケ















































色々見比べるのも楽しいです(^ ^)
肝心の自分の出来は・・・まあ、こんなもんかというところです。。

今日はこれで〜!


-----
RaymondaのTwitter


banner_12.gif
↑1日1クリック応援よろしくお願いします
スポンサーサイト

テーマ : クラシックバレエ - ジャンル : 趣味・実用

(発掘)マノン・・・というより看守

生きていますよ、Raymondaです。
大変ご無沙汰しております m(_ _)m

一応公演を観に行ったら更新しようと思っておりまして、
先々週ですが新国立のカルミナ・ブラーナ鑑賞しましたので
そろそろ感想書こうかなと思ったところ、
(あ、その前に発表会も無事に終わりました〜)

なんと、下記の記事が書きかけのまま残っていました><
日付は2013年8月25日でした・・・

消してしまうのも残念なので、今更ながらアップいたします。
近況は次の記事で・・・!

ーーーーー
息も絶え絶え、Raymondaです。

本日は小林のマノンを観て参りました♪
いや、マノンを観たというか、看守を観に行ったというべきかw

ホームページでもチラシでも、出演者に祐樹さんが入っていない!
ということで様子を見ておりましたが、
Mさん情報で祐樹さんが看守!!ってことで予定変更したり
紆余曲折ありましたが、なんとか観る事ができました〜♪

マノンが島添さん、デ・グリューはエドワード・ワトソン。
レスコーは奥村康祐くん♪(3月のせじちゃん白鳥以来、気になる〜^ ^)

他で印象に残ってるのは・・・レスコーの恋人の喜入さんがやっぱり良かったな。
華がありますね〜。

康祐くん♪は、以前文化会館で観た「宝塚男役なジークフリート」から比べると、
もう少し(少し・・・)大人かつ「男」になっていました!
ひさし前髪も少しおとなしめ・・・
いつも以上に切れ長お目目なメイクでしたが、私は好きです〜。

2幕の酔っぱらい演技と、殺されるときの演技が想像以上に良かったわ〜。
あ、男だったんだった、みたいな(笑)

ワトソンと島添さんは二人とも、とても知的な感じなのと
ガリガリなので「破滅に向かって行く若者」って感じはあまりしなくて・・・

でも基本的に悲劇は苦手なのであまり感情移入しないように
その場その場の踊りを観ていました(^ ^ ;;

看守の祐樹さんは、、ホントに一瞬ですけどすごい存在感〜♪
メイクのせいもあると思うけど、無表情な時といらだっている時の表情の落差が
良いです〜(オタク目線)。これぞ悪役!


いいもの観ました・・・。


-----
RaymondaのTwitter


banner_12.gif
↑1日1クリック応援よろしくお願いします

テーマ : クラシックバレエ - ジャンル : 趣味・実用