スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観劇記 2008年 11/16 新国立劇場バレエ アラジン

一ヶ月以上過ぎましたが今シーズン最初に観たアラジンのレヴューを
忘れないうちに.長文です.

11月16日(日) 14:00~ 新国立劇場 オペラパレス
新国立劇場バレエ 「アラジン」 
小野絢子,八幡顕光

小野さん目当てにシーズンセット券(マイ・ダンサー)でこの日を選択.

マイ・ダンサーセットの特典で,ゲネプロご招待券をいただいたのだけど
仕事でどうしても抜けられずそちらはCちゃんが行ってくれました.

デヴィッド・ビントレーが新国立のために振り付けた
全3幕のグランド・バレエ(っていうのかな?).
音楽はカール・デイヴィスが別のバレエ団のために作曲したものを
ビントレーに売り込んだとかなんとか・・・

世界初演となる初日は本島さん&山本さんでしたが,
最初にビントレーが選んだ配役はこちらのペアとのこと.
アラジンはいたずら坊主という感じなので八幡さんのやんちゃなイメージがぴったり.
小野さんは八幡さんとの身長の関係なんかもあるのかも.

全体的にはとても楽しめて,また見る機会があったら是非観てみたいです.
一幕の洞窟の場面ではソリスト総動員で宝石の精たちの
デイヴェルティスマンが繰り広げられ豪華絢爛

ストーリーもわかりやすくて入り込めるし,音楽もすごく感動的というわけではないけど
ストーリー展開に忠実というか,わかりやすく美しい音楽でした.
作曲家自身も書いているように,ランプの精のテーマは
トランペットがメインのメロディで,ちょっと(安っぽめの)SF映画音楽っぽかった...
個人的にはバック・トゥ・ザ・フューチャーを思い出しました.
ただ終わってしまったらワンフレーズも記憶に残っていないけど

バレエをあまり知らない人でも結構楽しめそうです.

衣装・装置も安っぽくなくて良かったです.
ランプの精の青塗りメイクが,だんだんハゲていくのは非常に気になったけど・・・

欲を言うと一幕のディヴェルティスマンが非常に盛り上がったのに対して
その後のストーリー展開が尻すぼみというか
二幕で結婚式があるんだけど宝石の場面に比べると地味だし
三幕の最後なんか一番盛り上がって欲しいのに
無事アラジンとプリンセスが帰ってきて
あれ?これで終わり?って感じでちょっとあっけなかったです.
最後にダイヤモンドの精のコール・ドがにぎやかし的に出てきたりした(ような気がする)ので,
どうせなら宝石の精を勢ぞろいで出してきて踊ってもらいたいところですが
まあ,音楽が決まっているからいじりにくいのかも.

あと,そのわかりやすさゆえに芸術性があまり高くないと見る人は見るのかも.
そんな評論をしている評論家さんもいるようです.
ほめてる評論家さんも「優れた娯楽作品」といった感じ.
ストーリーも平板っちゃ平板.


小野さんは以前に発表会でライモンダを観たときは
上手だしキラキラオーラも十分だしいいんだけど
もっと貫禄が欲しいかなーと思いましたが,
今回は役どころが世間知らずの若いお姫様で
ストーリー的にキャラクターがあまり定まっていないこともあり
そういうことは感じませんでした.

プリンセスは高貴すぎて庶民は誰も見てはいけない,ってシーンがあって,
プリンセスは誰かに話しかけたいんだけどみんなひれ伏していて誰も見てくれない,
(けどアラジンは覗き見して友達になるんだけど)
っていうときのプリンセスの寂しい感情の表現がものすごい良くて,
ここだけで泣きそうになりました.
ここがよかったので,そのあとなんでアラジンに惹かれるのかにも
説得力がでていたし,これは踊り手の表現次第で
同じストーリーでも受ける印象がだいぶ違うだろうと思いました.

今度ニキヤで観てみたい
(小野さんだったらなんでも観たいけど).


冨川さんは悪役のマグリブ人で緑塗りに隈取り?メイク!
意外と存在感があって,こんなに演技うまい人だっけ?と.
これが新境地になって今後キャラクテールばかりになったらどうしよう・・・
というくらい(意外に)ちゃんとストーリーを引っ張ってくれる悪役でした.
(その後白鳥の主演が決まり上記の心配は杞憂でした.)

あと気になっていたのは東バから移籍?の古川さん.
入団前にも白鳥にハンガリーで出演されていたそうですが
自分は今回が初見.

エメラルドの精でしたが,蛇をイメージした衣装とかセクシーな雰囲気の曲に
古川さんのいい人ぽい笑顔とか体型の健康的イメージが意外とはまっていて,
かなりお気に入りに

あとよかったところといえば,ライオン・ダンス(獅子舞?)!
中国の獅子舞はみたことがないけど,
いわゆる獅子舞のコワイ顔じゃなくって
きぐるみっぽいかわいいとぼけた顔のライオンでした.
あれ,あのライオン,ストラップとかになったら絶対買う.


本当観に行ってよかった.
是非再演を!
と思うけど,,,

でも,一幕(とライオン・ダンス)だけでもいいかも.


↑1日1クリックよろしくお願いします

人気ブログランキングへ
↑こちらも参加しています



無添加化粧品の美杏香


元エステ経営者が植物の力だけを信じて開発した無添加コスメ

スポンサーサイト

テーマ : クラシックバレエ - ジャンル : 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。