スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観劇記 2009年5/24(日) 新国立劇場バレエ「白鳥の湖」

5月24日(日) 14:00~ 新国立劇場 オペラパレス
新国立劇場バレエ 白鳥の湖

オデット/オディール: 真忠久美子
ジークフリート王子: 冨川祐樹
ルースカヤ: 小野絢子
ロートバルト:  芳賀 望
王妃:  坂西麻美
道化: 吉本泰久
パ・ド・トロワ:  さいとう美帆 小野絢子 江本 拓

小さい4羽の白鳥:さいとう美帆 本島美和 寺島まゆみ 小野絢子
大きい4羽の白鳥:川村真樹 丸尾孝子 堀口 純 小村美沙

スペイン: 湯川麻美子 西川貴子 マイレン・トレウバエフ 貝川鐵夫
ナポリ:  伊東真央、井倉真未 福田圭吾
ハンガリー:  遠藤睦子 古川和則

2羽の白鳥:川村真樹 大湊由美


主演の二人は頑張ってました!
ちょっと心配なところもあったけど(回転,サポートなど),
全体としては成功なんじゃないでしょうか?

冨川さんは回転は相変わらず苦手なのね~と思ったけど
ヴァリのザンンレールがメッチャキレイで挽回!
ただ,主役オーラ・王子オーラはまだまだですね(汗)

表情のパターンが少ないので感情がわかりにくいのですが
マザコンで世間知らずのお坊ちゃんな感じは出てました.
(意図はしてないと思うけど・・・)

真忠さんは以前にオーロラを見たときよりははるかに
技術は安定していたし,
技術だけなら最近の若い人でも上手い人はいるけど,
「人間じゃない何か」な感じは独特ですね.
黒鳥のときはちょっと蛇女っぽかったですが・・・
(ピンと来なかった人は「未國」で検索してみてください).

ずっと真忠さんは苦手だったんですが,
今日は結構良かったと思いました.
(フェッテはムリしてダブル入れないほうが良かったと思ったけど・・・)

あえて言うなら,酷な注文かとは思いますが
二人とも頑張ってた感じはあったけど,
「出逢って,恋に落ち,試練に会いながらも愛を貫く二人の物語」
には全然見えませんでしたが.


吉本さんの道化はすごかったです.
1幕ではちょっとバランスを崩しかけたり手をついてしまったところも
あったのですが,その後はパワー全開!

これじゃあ古川さんになかなかいい役が来ないはずですね(涙)


スペインのマイレンくんもすごかった.
王子も全然イケる人ですが,
キャラクターの方が観たいと思ってしまいます.


そして小野さん.
1幕はトロワ,2幕は四羽の白鳥,3幕はルスカヤ,で
まさか4幕までコール・ドで出てたりして!なんて以前書いたけど
そのまさかで,黒鳥で出てました
(牧版は4幕のコール・ドに黒鳥が混ざっているようです).

観終わって,やっぱり天才だわ・・・と思いました.
テクニックはもちろん磐石なんですが,
初々しさと落ち着き,清潔感と色気が同時にあって,
そのバランスが役に応じて絶妙に変わる(ように見える)んです.
こういうのってやっぱり生まれ持った才能なんでしょうけど,
バレエ団に入ってからどんどんすごくなってる気がします.
(いろんな役を目にする機会が増えたというのもあるでしょうけど.)

ルスカヤはやっぱり振り付けは音楽と合ってない気がして好きじゃないけど,
小野さんの踊りは観られて良かったです.


演出のこととかは,今思い出したのだけ書いておくと,
黒鳥のパドドゥで,王子の手を持ったままアラベスクから
フェッテ?というか逆向きフェッテみたいなところ



(この動画で1分10秒くらいのところ.
誰かパの名前を知っていたら教えてください 汗)

ジャンプじゃなくてリフトされながら向きを変えてました.
これはDVDとも違っていたので,その後改訂されたのか,
真忠さんバージョンなのかはわかりませんが.

4幕の演出で,昨日もちょっと書いたけど
最後は二人の愛の力によってロットバルトが自滅?するんですけど
それだったら2幕で王子が愛を誓ったところで
魔法が解けてもいいような気がするんですけど・・・
試練を乗り越えないと愛は本物じゃないってことですかね??(笑)

プロローグで,白鳥に変えられてしまうシーンは,
観る前は「イラネ」とか思ってたんですが(笑),観てみたら意外とアリだと思いました.
ただ,ああやって説明をつけていくとどんどんキリがなくなるというか,
白鳥に変えられてしまったということはわかったけど,
じゃあどうしてそうならなくてはいけなかったのか?
っていう新たな疑問がわいてきます・・・.


配役のことですが,花嫁候補ってソリストがやることが多いと思うのですが
今回は全員コール・ド.
コール・ドとはいってもみんなもちろん上手で,難しいパもさらりと
こなしていますが,それでもその中でやっぱり目を惹くのは
堀口さん・寺田さんでした.
寺田さんはライモンダのときはメッチャ苦手でしたが,
ああやってコール・ドの人の中に入ってると,
確かに注目株なんだな~と思いました.

あと小ネタとしては,1幕のワルツに川村さんが入ってて驚きました.
ファースト・ソリストをこんな所に配置するとは・・・贅沢!


ほかにもいろいろ思ったので,思い出したら書いていきますね.

ではまた明日から一週間お仕事頑張りましょ~


banner_12.gif
↑1日1クリック応援よろしくお願いします!
スポンサーサイト

テーマ : クラシックバレエ - ジャンル : 趣味・実用

コメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。