スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8000HIT御礼

今日2エントリ目です.

接骨?整骨??整体???(笑)に行って,帰ってきました~

さっきのエントリをしてからふと気づいたら,
早くも8000HITとなっているではありませんか!

みなさま,ご訪問ありがとうございます!

8000HIT御礼動画は・・・

いよいよ今月!マリィンスキー来日!!ということで!
(ライモンダはやりませんが・・・)

ロパートキナのライモンダ3幕ヴァリエーションで~す!!





クラッピングヴァリエーションとは言いますが,
ロシア式?は手を打ち鳴らす所作はしますが
実際に音を立てることはないんですよね.

キャラクターダンスのパやポーズを取り入れてはいるものの,
全幕の最後のヴァリエーションだし,
昔はクラシックでは手を鳴らすのはNGだったのでしょうかね??

これについては好みが分かれますね!
派手に音を立てるのを見慣れてしまうと,
鳴らさないのは物足りないという人も多いのではないでしょうか.

日本でライモンダを観ることができる機会はあまり多くはありませんが,
ほとんどのバレエ団(および,系列の教室)で
ロイヤルとかパリオペ系の「鳴らす」振付ですしね.


でも私はボリショイの↓この映像↓でライモンダの洗礼を受けている(笑)ので,




鳴らさない方がしっくりきます.見てる分には.
多分,自分で踊るとなったら,こっちの振付はごまかしがきかないので
キツイと思いますけど.
・・・って,音をたてればごまかせるわけでもありませんが.


吉田都さんが,いつかこの手をたたく音について
「乾いた音」と言っていましたが,
たまに発表会とかで 「ぺちっ・・・」 みたいな
情けない音だったりすると観ててもガックリですよね(汗)



banner_12.gif
↑1日1クリック応援よろしくお願いします
スポンサーサイト

テーマ : クラシックバレエ - ジャンル : 趣味・実用

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。