スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スペインのシューズ

金曜のレッスン,行ったのですが,
その後飲みに行って(私はノンアルコールで頑張りました!)遅くなり,
昨日はなんかやる気が出なかったので(笑)更新が遅れました.

スペインで使うシューズですが,キャラクターシューズは高くて,
先生が,なんと生協のチラシに入っている,ムトウ(名前が変わったそうですが)の
「ラクチンおしゃれシューズ」みたいなのを探してきてくださいました!
2000円くらいで,ソールが柔らかくて,ヒールが6cmくらい.

ためしにやってみたら,チャコットのキャラクターシューズ(5000円くらい)に
比べて,フィット感には劣るものの,意外と踊れる(汗)

フィット感が微妙な部分は甲にゴムをつけたり,内側に何か貼ったりして
改造することにして,こっちの方が脚がきれいに見えるし,
これにすることにしました.

あと,靴底がゴムっぽくてあまり滑らないので,これも皮か何かを
貼って改造しようかなと思ったんだけど,
二回踊ってみたところ二回目は少しすべりがよかったので,
練習して汚れてくるうちにいい具合になってくるかも(笑)

先生は,全員で靴が揃ってなくてもいいよってことだったので,
これで改造してみて様子をみて,どうしてもしっくりこないようんだったら
改めてチャコットのを自腹で買おうかと思ってます.
(このムトウのやつは買取りになるみたいです)

リハーサルは「ジ・エンターテイナー」を中心に.
やっと振付が覚えられてきました(笑)
あと「華麗なる大円舞曲」をやってポアントは終わり.

レッスンでは,バーのときに四番からポアントで立ったときの足の形を
全員順番に鏡の前で直されました.
私は甲は出てていいんだけど,指の付け根のところが出すぎてて
指で引っ掛けて立っているみたいになっているということで,
普通は足裏から押されるところを,逆に甲側から押されて
指がまっすぐになるように直されました.
これって,両足で立っているときはまだいいけど,片足のときとかは
どうしても指の付け根も前に出てしまいがちですよね.

こういうときにポアント選びが重要になってくるのかな.
今履いてるゲイナー(過去記事)は,
ソール?シャンク?がプラスチックなので,
ドライヤーをあてて,形を自由に変えられるんですよね.
やったことないんだけど,今日はやる気がしないけど(汗),
やったらレポりますね!!


ゲイナーといえば昨日シルビアでゲイナー,リピート購入してきました!
今履いているのは,3月の発表会後におろしてそのまま履いているもので,
これで発表会まで持たせるのもアリかと思うのですが,
発表会前はレッスン回数が急に増えるので,
いきなりダメになる可能性もあり早めに用意しておいたほうがよさそうなので.


シルビアでついでにダンマガ立ち読みしてきたのですが,
いろんなところで話題になっていますが,吉田都さんが今期で
ロイヤルバレエを引退するということで,
どうして今期で引退しようと思ったか,都さんが語っていました.
来日公演が最後の公演になるというのが都さんにとって理想の
タイミングだということです.
この後もフリーで踊りはされるということですが,
来日公演の都さんの日はチケット取るのが大変そうですね~.


banner_12.gif
↑1日1クリック応援よろしくお願いします
スポンサーサイト

テーマ : クラシックバレエ - ジャンル : 趣味・実用

コメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。