スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新国立バレエ 2010/2011シーズン 速報

前にチラっと書きましたが,
来シーズン演目の一部がマリィンスキー公演で貰ったチラシに出ていたのですが,
14日付けで,新国のホームページにお知らせが出ました.

ビントレーものが二つと,ロミジュリ.
この三つは早々にビントレーが決めたってことでしょうかね.
アラジンは,また見たかったので楽しみ♪
でも,また見たいのは宝石の踊りのところだけなんだけどね(汗)

絶対小野さんはまたキャスティングされるだろうし,
アラジンで主役に小野さんを抜擢したビントレーですから
(まあビントレーじゃなくても抜擢するでしょうが),
ビントレーもの以外でも来シーズンは小野さんがたくさん観れるかも・・・


以下引用
-----
2009年12月14日

速報! 2010/2011シーズンバレエ 

3演目 先行発表

新国立劇場では、来年1月中旬に予定しております2010/2011シーズンバレエ ラインアップ発表に先駆けて、デヴィッド・ビントレー次期芸術監督予定者(現舞踊芸術参与)の第1シーズンの中でも注目の3演目をご紹介!

(全ラインアップ発表は、2010年1月中旬発表予定です。もうしばらくお待ちください。)


--------------------------------------------------------------------------------

“スタイリッシュ”な傑作バレエ
「ペンギン・カフェ」 "Still Life" at the Penguin Cafe

振付:デヴィッド・ビントレー
2010年10月

ビントレー振付によるとってもおしゃれな作品。80年代に一世風靡したペンギン・カフェ・オーケストラの音楽に触発されて、生み出されました。ウェイター姿で登場するペンギンをはじめ、ねずみ、羊が次々に踊りだします。でもこの陽気なダンス(ボールルームダンスやスコティッシュダンスなど!)を披露している動物は実は絶滅あるいは絶滅危惧種ばかりなのです。楽しいなかにも、ちくりと現代を風刺する珠玉の傑作バレエです。


--------------------------------------------------------------------------------

壮大なスケールで描くアラビアンナイト
「アラジン」 Aladdin

振付:デヴィッド・ビントレー
2011年5月

2008年11月にここ新国立劇場で世界初演され、大成功をおさめた作品です。そのスケールの大きさ、ストーリーの面白さ、踊りの多様さで子どもから大人まで楽しめる一大エンターテインメント作品として話題になりました。バレエで物語を紡いでいくことにかけてビントレーは今世紀随一と言っても過言ではなく、その手腕がいかんなく発揮されたこの『アラジン』は、お客様を一瞬のうちにアラビアンナイトの世界へとお連れすることでしょう。


--------------------------------------------------------------------------------

7年ぶり、待望の再演
「ロメオとジュリエット」 Romeo and Juliette

振付:ケネス・マクミラン
2011年6~7月

シェイクスピアの最も有名な同名悲劇を20世紀英国を代表する振付家、K.マクミランがバレエ化した作品です。人間の内面を描くことに長けたマクミランの傑作の一つで、若さゆえの破滅をも恐れない一途な愛を見事に描ききって、観るものを感動させずにはいられません。2004年の上演から7年ぶり、待望の再演となります。バレエ初心者にも、バレエ通にも胸をしぼるような感動をお約束します。


--------------------------------------------------------------------------------

●2010/2011シーズンセット券予約開始は2010年1月下旬!●

-----ここまで

ホームページでは,チラシの画像もアップされていますよ.


マリィンスキー公演でもらったチラシといえば,
チラシじゃないんですが,アンケート用紙に,こんなことが書いてありました↓

-----
(年齢とか性別のアンケートが終わった後に)
ジャパン・アーツは2010~2012年にこのようなバレエ公演を予定しています。
ご興味がございましたら、ご案内を差し上げますので下記にもご記入ください。
また2012年2月予定のボリショイ・バレエ公演は、「白鳥の湖」以外の演目が決まっていません。
「こんな演目が見てみたい!」という希望がございましたら、お聞かせください。

<2010年10月 ボリショイ・バレエ&マリインスキー・バレエ 合同公演> 「ガラ公演」

<2011年7月 アメリカン・バレエ・シアター> 「椿姫」「ドン・キホーテ」「オールスター・ガラ公演」

<2012年2月 ボリショイ・バレエ> 「白鳥の湖」 ほか未定

-----

当然,私は

ライモンダ!!是非お願いします!!

と,枠いっぱいに書いて,まだ投函していません(汗 うちFAXないんですよー会場で書けばよかった・・・)

ザハロワのライモンダだったら,新国のが映像になっているから,
結構みんな生で見たい!と思うんじゃないかな~と思うんだけど・・・・
マーシャ(アレクサンドロワ)も見たいし・・・
日本人はグラズノフ好きだし,チケット売れると思うんだけどな~・・・
(ってここでつぶやく前に早く投函したほうがいいですね.)

本当はボリショイでジゼル,できればガラでシンフォニー・イン・Cとか見てみたい!
(YouTubeとかでたま~にありますよね,ボリショイのバランシンもの.)

が,ライモンダが数で負けたら困るので書かないでおきます.


ボリショイといえば,今月「エスメラルダ」を改訂するそうで
25日に世界初演

前回来日は白鳥,ドンキと明るい小川,その前はファラオの娘,バヤデルカ,だっけ?
とすると次回の候補は,眠り・くるみ・ジゼル・海賊・スパルタクス・ライモンダ・エスメ あたり????
あ,シンデレラもありますね,愛の伝説とか黄金時代とかはどうだろう・・・

ファラオの娘は初演後に割とすぐ持ってきているので,海賊とかはありそう.
(そこをなんとかライモンダ・・・)


マリィンスキーの次回来日も2012年だそうです!
ガラのカテコの時に,舞台の後ろに
「2012年に またお会いしましょう。」という幕?看板?が降りてきました.
ジャパン・アーツの「バレエ・ブログ」で写真が見られます!
ロパートキナのメガネ姿と,浴衣姿??も見られますよ~!!!



banner_12.gif
↑1日1クリック応援よろしくお願いします
スポンサーサイト

テーマ : クラシックバレエ - ジャンル : 趣味・実用

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。