スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新国くるみ初日行ってきました

なかなかブログがかけません・・・

金曜はレッスンなかったので整体に行き,
土曜は午前中は教室のスタジオをお借りして自主練,
その後Mちゃんと一緒に,ティアラこうとうで
東京シティバレエのくるみを観て,
その後ゴハン(Mちゃんとだとなぜか必ず焼肉)&お茶して,帰ったのが23時ごろ.

今日は新国のくるみの初日に行ってきました.
くるみ漬けの週末です.

シティのくるみは,オーディションで選ばれた子役がた~くさん出るのですが,
そんなに発表会っぽいこともなく,客間のクララは子役なんだけど,
雪の前のアダジオ以降はシティの団員がクララをやっており,
坂本麻美さんだったのですが,大変良かったです.
(以前観にいった発表会にゲストで金平糖をやったのを見たことがありますが,
そのときもとてもよかった)
2007年入団とのことなのですがきっと注目株なんでしょうね,
新国でいったら小野さんみたいなホープかなと思いました.
コクリューシュ王子の小林洋壱さんも,やはりどこかのゲストで観た事があって,
かなり期待して行ったんですが,ハデさはあまりないんだけどやっぱりキレイに踊るなーと思いました.
プログラムには「甘いマスクと繊細な表現力は・・・」と書かれてますが,
それはどうだろう?と思いましたけど(汗)

ただ,オケは不満が残りましたけど,まあ仕方ないのかな~.
先週のマリィンスキーのオケと,(期待値に対する不満度としては)同等くらい.

またこれも改めてレヴューは書きます.


今日の新国のくるみは,小野さんの金平糖目当てで.
結果的には大変満足しましたよ.

何より,図らずもドロッセルマイヤーが冨川祐樹さんの日にあたりました!!!

でも,これまで新国でやっていたワイノーネン版のドロッセルマイヤーのような,
ちょっとかっこいい感じは全くなくって,完全に「怪しい人」扱いでした(笑)
キャラ的にはアラジンの,マグリブ人とかぶってます.
魔法とか使うし.ハーレムは持ってないだろうけど.

小野さんは,アダジオは大変輝いていましたが,ヴァリエーションとコーダは
若干息切れ?緊張?とても上手かったけどアダジオの輝きと
比べてしまうと客席の盛り上がりもイマイチだった気がします.

クララの伊東さんは,美人.あまりクララっぽくない.
しかし華はありますね.

雪の女王の西山さんは,振付が悪い(難しすぎる)のか,調子が悪いのか,
かなり息が詰まるような,見ていて苦しい踊りでした.

王子の山本さんは期待通りの王子っぷり(笑)


!!!以下はネタバレですので,気になる方はみないてください!!







今回の牧先生の改訂版,最初は現代から始まり,
ドロッセルマイヤーがクララに魔法をかけると
シュタールバウム家のクリスマスパーティーにタイムスリップする,
という設定なのですが,
チラシやホームページのあらすじでは,お菓子の国
(この版では「おとぎの国」)から現代に連れ戻された後,
「でも,魔法はこれだけではなかったのです・・・」みたいなことが書いてあって,
てっきり私は,王子が現代の格好をした若者として現れて,
クララと結ばれる,みたいなのをイメージしていたのですが,

実際は・・・

クララを現代に連れ帰った後,ドロッセルマイヤーが
サンタクロースの格好になって,
トナカイのソリに乗って飛んで行く,というオチでした.

別に「さらなる魔法」って感じじゃないけどね~・・・


(追記)
衣裳と美術は一部を除いてすばらしく良かったです.

他の作品でも,牧先生の改訂は,振付はあまり好きじゃないところも多いのですが,
全体的に美術・装置はシンプルで洗練されていて好みです.
今回キャンディーボンボンはカットされていて残念だったのですが,
確かに全体の世界観に合ってないかもとは思いました.


それでは,レヴューをためまくっていますが,
明日も仕事ですので,今日は寝ます.
来週はまた2回新国のくるみを観るので,
それまでに少しずつ書いていこうかと思います.
すみません~



banner_12.gif
↑1日1クリック応援よろしくお願いします
スポンサーサイト

テーマ : クラシックバレエ - ジャンル : 趣味・実用

コメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。