スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観劇記 2009年12/19(土) 東京シティ・バレエ団/ティアラ”くるみ”の会 「くるみ割り人形」 

12月19日(土) 15:00~ ティアラこうとう
東京シティ・バレエ団/ティアラ”くるみ”の会 「くるみ割り人形」 


金平糖の女王:齋藤佳奈子
コクリューシュ王子:小林洋壱
クララ:坂本麻美
くるみ割り人形:春野雅彦


初・シティ・バレエ鑑賞です!
毎年この時期に東京シティ・バレエ団,東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団,
オーディションで選ばれた子役たちとでくるみ割り人形の上演を行っていて,
今年で24回目だそうです.

前にもちょっと書いたけど,夢の中のクララ(大人になったクララ?)の,
坂本麻美さんがすご~い良かったです.ファンになりました!
堂々とした存在感はあるのに,はじけるような初々しさ(^^)
目がくりくりしていて,いろんな表情に引き込まれます!


子役のクララもフリッツも,みんな上手かったけど,
普通こういう子役って一人くらい「おっ!」って目を惹く子がいるのですが
(眠りの花ワルとかでよく子役がでますよね),
今回は人数が多すぎて(笑),客間の子供たちも,ねずみも(小ねずみと中ねずみがいる),
兵隊も,もちろんキャンディーボンボンも,
だったので,あまりわかりませんでした(汗)

この石井先生版のくるみでは,お菓子の国に行く途中に明るい海原を通り,
追いかけてきたねずみの王様はそこで波にのまれて消えてしまうのですが,
そこで「波の精」っていうのが出てくるんですよね.
最初びっくりしました(笑)

ほかにびっくりしたのが,踊りのことではないのですが,
幕間に,石井清子先生が,サンタの帽子をかぶって,直々に
募金箱を持って歩いていらっしゃったこと!

却って募金しにくいんですけど・・・・
(知り合いだったら募金せざるを得なくなるから,いいのかな・・・)

あと,オーケストラは,前にもちょっと書きましたが,
金管は想像通り辛いものがありました.
雪ワルの合唱も,地元の子供たちの合唱団だったのですが,
一緒に行ったMちゃんは,「音程が外れてて気持ち悪くなった」と・・・(^^;;
(私は,外れてるな~とは思ったけど,吐き気はしませんでしたが.)

でも,S席5000円で生オケ,指揮は福田一雄さん,
未来の名ダンサーを発掘する楽しみもあり(笑),
なかなかお得?な公演でした.
来年も行こうと思います!



banner_12.gif
↑1日1クリック応援よろしくお願いします

スポンサーサイト

テーマ : クラシックバレエ - ジャンル : 趣味・実用

コメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。