スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現代芸術の日

さて,今日(5/2)は無事に
新国立劇場バレエ「カルミナ・ブラーナ」見てまいりましたよ!

今日はひっさびさの完全オフ!ということで,
昼前から美容院に行ってバッサリやってきました.
(発表会が終わってから,なかなかいけなかった・・・)
その足で乃木坂の 国立新美術館 に行って,「国展」をみてきました!

1Fから3Fまで使ってすごいボリューム.
絵画だけじゃなくて彫刻,工芸,写真とかもあって,
これだけでもじゅうぶんお腹いっぱい!っていうくらいアートに触れてきました.

正直,ガッツリ全部鑑賞するのは一日ではムリ!!
なので,もうサクサクと歩いて,ちょっと「ひっかかった」ものだけみる
という風にしないと,いくら時間があっても足りないし
足も痛くなっちゃいます(汗)

もうちょっとゆっくり見たかったな~っていうペースでしたが,
十分足が痛くなりました(笑)


そして少し休憩してから初台へ.
ということで「国展」→「カルミナ・ブラーナ」で「現代芸術の日」でもあり,
「国立新美術館」→「新国立劇場」で「新・国立」の日でもありました(笑)

カルミナ・ブラーナのレヴューは明日書くとして(すみません),

今日書いておきたいこととしては,まず・・

開演前,ホワイエで祐樹さんを発見!!!!
研修生らしき人たちと話してました.
近くで見るとやっぱりかっこよいですね
カルミナ・・のプログラムを隅々までチェックしましたが,
今回の公演は全く出演されないようですね.残念・・・

私,「生・祐樹さん」は初めてで,帽子をかぶってらしたため,
ものすご~く近づいてから気がついたので
「中学生のとき,好きな男の子とバッタリ鉢合わせしたとき」くらいドキドキしました(爆)
でも早く舞台で見たいよ~~~!(できれば古典で!)


あと,これはもちろんですが,小野さんはやっぱりめちゃめちゃ迫力出してました.
フォルトゥナは湯川さんがあまりにハマりすぎている気もしますが
湯川さん(初演時しか見ていませんが)とは,また違ったキャラクターなんだけど
小野さんが山本さんの手を振りほどいて,山本さんが腰を抜かしながら後ずさりして
逃げていくところとか,ホント怖かったですもん(笑)

駅までの帰り道では「小野さんがあそこまでやるとはね~!」
「このあとバケるのが楽しみだね,お嬢さんバレリーナから」なんて会話が漏れ聞こえてきました(笑)
(私,個人的には「お嬢さんバレリーナ」からはもう十分脱皮していると思いますが・・・)

ミニトークでは客席から感想を聞いていたりしてたのですが,
そのとき感想を言っていた人は
「小野さんのフォルトゥナが楽しみで今日来ました.新たな面が見られてよかったです」という感じで,
やっぱりみんな小野さんに期待している様子がよ~くわかりました.
(その人は全公演来てるみたいでしたが・・・)

ラストは涙止まらず.
でもこれは,合唱の力の方が大きいかもしれませんが・・・


福岡さんは期待通り!
かわいらしい伊東さんに振り回される姿がハマっていました!

古川さんは,「あれ,上手くなった??」という印象(上から目線 笑).
実際上手くなったのでしょうが,こういう現代ものの方が
古川さんの長所が生きるのかもしれないですね.

山本さんはパンツ一枚姿がたいへん美しかったです~.
(踊りよりもそこかい 汗)


作品全体としては,
「あれ,こんなに面白い作品だったけ?」というのが一番の感想です.
初演時よりも,こちらも余裕を持ってみることができているのでしょうね.
ダンサーさんたちも成長しているのもあると思いますが.

今,舞台を反芻しながら「カルミナ・ブラーナ」をかけているのですが,
この音楽からこういう世界が作り出せるっていうことが本当に面白いと思って,
舞台を観ている途中で「他人の頭の中の妄想を覗き見ている気分」になりました.


ミニトーク終了後,帰りに明日の3日(ゲスト日)か5日(小野さんの日)の
チケットを買おうと思ったら,もうボックスオフィス閉まってました orz

でも冷静に考えるとまた行くお金は(時間も)ないんですよね・・・ううう


-----
RaymondaのTwitter
→右からどうぞ~


banner_12.gif
↑1日1クリック応援よろしくお願いします

スポンサーサイト

テーマ : クラシックバレエ - ジャンル : 趣味・実用

コメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。