スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観劇記 2010年8/7(土) ローザンヌ・ガラ 2010

8月7日(土) 18:00~ こどもの城 青山劇場
「ローザンヌ・ガラ 2010」


2004年,2007年の「高円宮殿下メモリアルコンサート」が
「高円宮殿下記念 ローザンヌ・ガラ 2010」と改められ,
三度目の開催とのことです.

芸術監督は熊川さん.

私は河野舞衣さんとSHOKO目当てで行ってきました.

初めての青山劇場,フカフカのイスにびっくりしました(笑)
1階席の後方でしたが,客席の段差は十分にあって,見やすかったです.



・オープニング

・「Pas de Dix des Petites Etoiles」
~2009・2010ローザンヌ国際バレエコンクール出場者による~
振付:キミホ・ハルバート/音楽:E.W.エルガー,P.マスカーニ

アクリ君が気になっていました(笑)

5組のペアで,クラシカルな振付ですが,発表会的に
テクニックを見せ付けるところもあり,
でも上品でとてもよかったです.

「発表会的」というと,一週間ほど前にもそういう雰囲気の作品をみた気もしますが(笑),
ダンサーのレベルの違いなのか,振付の違いなのかはわかりませんが,
こっちの方がはるかに感動!
みんなすごいな~~~

・「ラ・バヤデール」よりヴァリエーション
振付:M.プティパ/音楽:L.ミンクス
佐々木万璃子

今年スカラシップを受賞した佐々木さん.
バヤの影の第二ヴァリは,ローザンヌで踊ったのかな?

とにかくスッピンの写真は幼いのに,舞台姿は妖艶でした(笑)
肩も大人の肩!

たまに素の表情になるのはご愛嬌ですね.
いいもの観ました~♪


・「眠れる森の美女」第三幕よりグラン・パ・ド・ドゥ
振付:M.プティパ/音楽:P.チャイコフスキー
神戸里奈 蔵健太

神戸さんは初見.
キラキラしてて初々しくて姫!でもちょっとしたたかな感じ.
蔵さんは顔良し,サポート良し,逸見さんが安定したらこうなるのかしら・・・

・「譜と風景」
振付:アレッシオ・シルベストリン/音楽:細川俊夫
金田あゆ子 横関雄一郎

二人の動きとかストーリー性みたいなのは面白かったのですが,
曲が長くてメロディがないので結構辛かったです.
笙みたいなのがずっと鳴っているのですが
周りの人もけっこうゴソゴソしていたなぁ.

金田さんも初見だったので,また見てみたいと思いました.
横関さんは小林の眠りで見て,少し頼りない感じがしたけど
コンテの方がかっこよかったです(笑)

・「タイス」パ・ド・ドゥ
振付:F.アシュトン/音楽:J.マスネー
崔由姫 平野亮一

正直言ってユフィさんが美女すぎて平野さんの印象が残っていません(汗)
美しいパ・ド・ドゥでした.
流れるような動きの中に難しいリフトが織り交ざっていて,
衣裳の扱いに少し苦労していたのが気になりましたが,
詳しいストーリーは分からないながらも最後は落涙.

・「In The Middle, Somewhat Elevated」
振付:ウィリアム・フォーサイス/音楽:トム・ウィレムス
齊藤亜紀 ウィム・ヴァンレッセン

もはや古典といった感じの作品ですが・・・
とにかく身体能力を見せ付けられた感じ.
客席もすごい受けていましたが,
もっと似合う曲ありそうな感じもしました.


・「海賊」よりグラン・パ・ド・ドゥ
振付:M.プティパ/音楽:R.ドリゴ
河野舞衣 ルカス・スラヴィツキー

待ってました♪河野さん!
河野さんの衣裳はなんとナマ脚にへそ出しのブルーのチュチュ.
わりと河野さんが健康的な肌色だからか,腹筋すごい割れてて
マッチョ感がありました・・・・
せっかくキレイなブルーなので,肌色は隠してほしかったかな・・・
向こうの人の肌色だったら,気にならないのかしら.

若いだけでない主役のきらめきがあってよかったです!

・「Traces」
振付:キャシー・マーストン/音楽:ヤン・ティルセン
佐々木万璃子

ローザンヌのコンテでやった曲だそうです.
やっぱり他の大人のコンテと一緒に見てしまうと
学生さんだな~ってなっちゃいますけど,
動きがキレイなので見ていて飽きませんでした~.

・「ロミオトジュリエット」よりパ・ド・ドゥ
振付:熊川哲也/音楽:S.プロコフィエフ
荒井祐子 清水健太

全然K-Balletを見たことがない私は,多分荒井さんも初見.(多分・・)
「熊川版」ということらしいですが,
振付も随所に工夫が見られて好印象でしたし,
荒井さんも立ち姿は落ち着いているけど
踊りだすとちゃんと「少女」になっていて,
やっぱり食わず嫌いしていないでK-Balletも観にいかないと
いけないかしら・・・と思いました(笑)


・「アダージェット~アレス・ワルツより」
振付:レナート・ツァネラ/音楽:G.マーラー
SHOKO ヴィスラウ・デュデク

シルバーっぽいレオタードの上に,全身黒ストッキングみたいな,
透けた衣裳のSHOKO.髪はミディアムで下ろしていて赤い口紅.

全然下調べしておらず,どういう作品か知らないまま見ましたが,
いくつかの象徴的なパの繰り返しの中にちょっとずつ変化が入っていて,
微妙な感情の変化がそのまま動きになったような.

デュデクは黒っぽい衣裳が似合っていて,
その後「なおきち」さんのブログで王子姿の写真を見つけましたが,
これを見た後だからか,全然王子っぽくないです(笑)

・「The Well-Tempered」
振付:中村恩恵/音楽:J.S.バッハ
中村恩恵 首藤康之

中村さんも初見.
写真でもそうですが,お団子が低い位置にあるせいなのか
母性のような,ちょっと人間離れした雰囲気がある人ですよね.
対して首藤さんは人間ぽいマッチョ(笑)

お互いに距離感を計りつつぶつかったり,離れたり・???
コンテって最初はいつも「どういう見方をすればいいんだろう」と
探りながら見る感じですが,この作品はぼーっと見てても
二人の動きがすごいし,音楽もバッハだからか意識が飛ぶこともなく(笑)


・「チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ」
振付:G.バランシン/音楽:P.チャイコフスキー
加治屋百合子 ジャレッド・マシューズ

先週も見た二人ですが・・・
チャイコはドンキよりも加治屋さんには似合っていたように見えました.
加治屋さん,身長は結構あると聞いたのですが,
痩せているからか,顔が小さいからか,小柄に見えるんですよね.

チャイコの動きの軽さが,似合っていました.
割と苦手なダンサーでしたが,この一週間で苦手意識が少しずつ
減ってきています!


最後にフィナーレで一曲あったのですが,忘れました(汗)


12日に観た発表会は,コンテンポラリーがいっぱい入っていて,
もちろんグランもたくさんあって,幕物もやって,オリジナルの
子供ちゃんの曲もあって,コンテも,という感じで,
このガラを見てても,コンテの方が客席の反応がよかったりとか,
時代の移り変わりを感じる今日この頃です.



-----
RaymondaのTwitter


banner_12.gif
↑1日1クリック応援よろしくお願いします


スポンサーサイト

テーマ : クラシックバレエ - ジャンル : 趣味・実用

コメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。