スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観劇記 2010年8/29(日)小林紀子バレエシアター「コンチェルト」「チェックメイト」「パキータ」

20000HIT,ありがとうございます!

お礼動画紹介は,のちほどアップします!
世の中はザハロワ降板とか,ペンギンカフェの公開リハーサルが即完売していたりとか(笑)
いろいろありましたが・・・

先に遅れ遅れのこちらから.

-----
8月29日(日) 15:00~ ゆうぽうと
小林紀子バレエシアター「コンチェルト」「チェックメイト」「パキータ」

祐樹さんのチェックメイト・赤の騎士を楽しみに行って参りました!
ちなみに小野さんは出演されていませんでした(涙)
火の鳥に向けて頑張っているんでしょうか??

順番に.

「コンチェルト」

再演ですが私は初見でした.
マクミランのアブストラクト・バレエ.
レオタード・ユニタード姿のダンサーたちが,
ショスタコビッチのピアノコンチェルト第2番に乗って
切り替わっていくフォーメーションだったり,
美しいアダージョだったりと,
ストーリーはなくても全く飽きずに時間が経ってしまいました.

1st Movemnet のプリンシパルは真野琴絵さんと八幡くん.
真野さんはソリストに昇格したそうです!
小野さんと共に今後が楽しみな人ですね.

群舞にいても目立っていた人ですが,芯になっても色あせたりしないで(笑)
かわいらしく,楽しさが伝わってくる踊り.
以前気になった「あごの角度が高すぎる」のは直っていました.

2nd Movement のプリンシパルがABTのデヴィッド・ホールバーグと島添さん.

最初左右から二人が現れたときはまるで巨人と小人(汗)
でも踊りだしたら気にならかったです(笑)
この2楽章のパ・ド・ドゥはマクミラン作品の中で最も美しいパ・ド・ドゥと
言われているそうです!

リン・シーモアがバーでウォーミング・アップしている姿に基づいて,
男性が彼女をサポートしているように振付けられているとのことで
動き自体は確かにウォーミング・アップしている姿なのですが,
それが美しい音楽に乗って,この二人で表現されると,
まさに奏でられるようにいろんな感情が喚起されてきます.

これは音楽とダンサーの力ももちろんだと思いますが,
バレエのウォーミングアップとか,体の力を最大限に引き出すような動きには,
それ自体がとても美しさ,人の気持ちに訴えるものを持っているんだなと思います.
(あ,もちろん技術的にはとても難しいパも織り込まれていましたが.)

このことは,この「コンチェルト」を観て感じたこと以上に,
別のきっかけがあって気づいたことなのですが,
この公演の前日に,フロア・バーの協会が主催した公演があって,
フロア・バーの動きのみで構成された作品を観たんですが,
シンプルな動きの組み合わせだけでも,
その曲の主題が表現されていたんですね.

踊りの本質って,そういうところにあるのかなぁと思ったり.
もちろん難しい動きや,複雑な組み合わせによって初めて表現できるものもありますけどね.

あ,そうそう,とにかくデヴィッドのつま先が美しかったです♪


3rd Movement のプリンシパルは高橋さん.
テクニックも存在感もすごいけど,やっぱり島添さんの後に見てしまうと
若干物足りなさが・・・

でも全体的にすごいテクニックでした.
片足ポアントのまま上げた方の脚の位置を変える動きが特徴的で
よく出てきていました.

全楽章通して出ていた 3 coupels は,萱嶋さん,荒木さん,秦さん,中尾さん,佐々木さん,直樹さん.
眠りのときも思ったけど,やっぱり萱嶋さんが美人過ぎて目がいってしまいます(^^;;

直樹さん,一人だけザンレールが微妙・・・頑張って!!


あと,この作品のためなのか,いつもそうなのかわからないけど,女性のシニヨンが,
全員「夜会巻き」なんですよね.
なんか違和感・・


「チェックメイト」

待ってました♪祐樹さん!
今日の黒の女王は喜入さん.
眠りでもリラの精に抜擢されていましたね.
リラの精はすごく「幸せオーラ」が出ていて似合っていましたが,
果たして黒の女王はどうなんろう??と思ってました.

結果,大和さんほどの「凄み」ではなかったものの,
タッパがあるし,迫力のある,女のズルさもある,女王でした!
そのうちソリストになるのかな~?

で,お待ちかねの祐樹さんですが,二日目だったためか,
ちょっとお疲れ気味でした(T_T)

前半のなが~いソロの後は,肩で息してたし,
女王を殺そうとして剣を振り上げ,ためらうところでは
会場全体に響くほどゼェハァしてました・・・
(多少は演技としても・・)

その後も動いては止まるたびに肩で息をしてました.

でも,やっぱりジャンプはホレボレします♪
ピルエットも回る姿が美しかった(以前よりは)し,
シンフォニー・イン・Cは万全の状態で見られるといいな~!!


「パキータ」

ヴァリエーション1:大和雅美
ヴァリエーション2:大森結城
ヴァリエーション3:萱嶋みゆき
ヴァリエーション4:高橋怜子
ヴァリエーション5:デヴィッド・ホールバーグ
ヴァリエーション6:島添亮子


島添さんは,クラシックの芯になるとちょっとオーラ不足を感じてしまいます.
バレエ団の中ではピカイチだと思うし,充分な気もするんですが
The Invitation とかと比べちゃうと・・・あっちの方が似合ってるな~と.


大和さんのヴァリエーションは,パ・ド・トロワの第一ヴァリで,
アントルシャ・シス?ロワイヤル?から始まる,やつです.
(パキータはそれで始まるヴァリばっかりですけど・・・)



http://www.youtube.com/watch?v=uFPiwD43SPs

これの一番最初のヴァリ.

大和さんの黒の女王が今回見られなかったので,「やっと出た!」状態(笑)
この人の存在感は一体どう表現したらいいんでしょうか~.
決して姫キャラではない(失礼!)と思いますが,どうして「また見たい!」
ってなるんでしょうね~.
今の自分が「目指す,目標にするダンサー」は大和さんです.



こんな動画も見つけちゃったので一緒に..



http://www.youtube.com/watch?v=XNx_hu0BVJw

芸が細かすぎる!!!!



大森さんのヴァリはこれ.



http://www.youtube.com/watch?v=2EwL7HdFP1o

振付はちょっと違うかな~.

大森さんも,リラの時も思ったけど,一つ一つのパに,人生のいろいろが詰まってます(笑)

最後のフェッテ→パッセを通ってアラベスクの,アラベスクのバランスが長すぎて,
時間の感覚が狂います(汗)


萱嶋さんのヴァリはこれ.



http://www.youtube.com/watch?v=ugTflu6lmrQ



高橋さんのヴァリはこれ.



http://www.youtube.com/watch?v=J9yjFOsZxA8

高橋さん,ジャンプの滞空時間がすごい!
アラベスクターン→アチチュードターンがちょっと手に汗握りましたが・・・
これはしょうがないですよね.


ホールバーグの踊ったヴァリは,よくある男性ヴァリなんですが,
意外と男性ヴァリの動画がないです(汗)

コンチェルトでも思ったけど,つま先が大変美しく,眼福でした.



島添さんはいわゆるパキータエトワール.



http://www.youtube.com/watch?v=CK2Cf-4va6g

なんか,お疲れのように見えたんですけど・・・
最後のシェネの後のポーズを決め損なってたり・・・珍しい.
曲にちょっと負けてる感じがしたかもです.
この曲自体が・・・もう,ただ正しく美しく踊るだけ以上の
「奇跡」みたいなものを期待させちゃうんですよね.
踊る人には酷でしょうけど・・・



-----

最後に,公演とは関係ないけど(笑)パキータで検索してて見つけました.
ザハロワの回復を祈ってこの動画を貼っておきます.
この曲は聴いたことはあるけど,振付は初めてみました.
ウヴァーロフのも.(>ウヴァ好きのEさんに捧げます 笑)
2008年にボリショイで復元?された版みたいです.




http://www.youtube.com/watch?v=E-mWwwSsiwk




-----
RaymondaのTwitter

  
banner_12.gif
↑1日1クリック応援よろしくお願いします

スポンサーサイト

テーマ : クラシックバレエ - ジャンル : 趣味・実用

コメント

パキータ画像

ウヴァの画像ありがとうございます。でも不思議な終曲ですね。
背景はボリショイ好みなので、なんとなく納得です。
ザハロワは本当に心配ですが、情報が出るまでは、いかんとも
しがたい、というか無事を願うばかりです。

Re: パキータ画像

Eさんおいでませ~!

ウヴァーロフ,お喜びいただけましたでしょうか~?

ザハロワに関してはずいぶん先の予定までキャンセルなので
いろいろと憶測が飛び交ってますけど・・・
本当にいかんともしがたい(汗)
我々は祈るしかありませんね(-人-)

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。