スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年10/28(木) ビントレーのペンギン・カフェ

↓↓↓ボリショイ・マリィンスキー合同ガラの感想はこのひとつ下にあります↓↓↓


-----

10月28日(木) 19:00~ 新国立劇場 オペラパレス


初日(27日)は,合同ガラだったので行けず.

28日は当初行く予定がありませんでしたが,
祐樹さんのカスチェイが見られるということで,
C席で行って参りました.

開演前だったかな,ホワイエで井口裕之さんを発見!
写真よりもかっこよかった!!おもわず正面から凝視(笑)
今回出ないんだ~~・・小林の巡業公演みたいなのしてましたしね.残念~.


あ,小ネタですが,プログラムが変わりました.
シーズンガイドみたいなダンサーの紹介本がなくなって,
プログラムにダンサーの写真(コリフェまで)が付いてます.
その写真もレッスン中の写真で,ファンとしては嬉しい限り(^^)

・・・登録ダンサーの写真は載っていませんが orz なんで今年から・・・


で,同じ写真を,ショップで300円で売ってました!

あと,プログラムには,配役が主役級までしか載ってませんでした.
これは残念・・・
当日会場でもらえる配役表はこれまでと同じくらいの詳しさでしたが,,,



「火の鳥」

火の鳥     エリーシャ・ウィリス(バーミンガム・ロイヤルバレエ団プリンシパル)
イワン王子   イアン・マッケイ  (バーミンガム・ロイヤルバレエ団プリンシパル)
王女ツァレヴナ 湯川麻美子
魔王カスチェイ 冨川祐樹


「シンフォニー・イン・C」

第1楽章 米沢 唯 菅野英男
第2楽章 川村真樹 貝川鐵夫
第3楽章 厚木三杏 輪島拓也
第4楽章 丸尾孝子 古川和則

「ペンギン・カフェ」

ペンギン:井倉 真未
ユタのオオツノヒツジ:遠藤 睦子,M.トレウバエフ
テキサスのカンガルーネズミ:福田 圭吾
豚鼻スカンクにつくノミ:西山 裕子
ケープヤマシマウマ:古川 和則
ブラジルのウーリーモンキー:吉本 泰久
熱帯雨林の家族:小野 絢子,山本 隆之


※公式サイトでは,「ユタのオオツノヒツジ」は遠藤さんと江本さんになってますが,
 実際はマイレンが踊ってました.
(当日配られる配役表は訂正されていました.)


「火の鳥」

まず舞台装置や衣装が「おとぎ話の世界」!
中央にりんごの木があるけど,奥の果樹園?の木々は平面的で図案のよう.
イワン王子の衣裳も「ロシアのおとぎ話」感満点.

火の鳥のエリーシャ・ウィリスはすごく安定感があってかつ鳥のような
「パタパタ感」?もあって,おとぎ話にちゃんと入っていけました.

イワン王子のイアン・マッケイも,ちゃっかり王子って感じで(笑 まあもともとそういう話だよね)

なによりもまあ祐樹さん目当てだったわけですが,
このカスチェイのメイクが,全然原型をとどめてないんですよね・・・

が,これが却って良かったのか(笑),
決して表情豊かとはいえない祐樹さんですが(ごめんなさい・・),
この顔の表情が微妙に読みにくい感じと,目ヂカラとで,
余計に全身からかもし出す雰囲気が際立ってとってもアヤシく,
おとぎ話の魔王!って雰囲気でした!

いつのまにこんなに演技達者になって・・・(涙目)

もう一回観たかった・・・今日の午後の予定がなくなったから,
行けばよかったかなぁ・・・


まあ,おとぎ話なので,ストーリーはおいといて.


王女たちがりんごの木の下で遊んでいるときに,
りんごをお互いに投げ合うんですけど,
しつこいくらい何度も何度も投げるんですよね.

これ受け止め損ねる人いないのかな~って思ったら案の定一個
転がってしまい,その後踊りが進むにつれていろんなところに蹴られていって(汗)
誰かが踏んづけてコケるんじゃないかとヒヤヒヤ.
途中では前方(オケピ)の方へ転がっていって,
さすがにオケピに落ちることはなかったけど,
ありえるよな~,公演6回もあれば,,,気になって仕方がありません.


お互いに投げあうほかに,それぞれ自分で投げて自分で受け取って,
っていうのも出てくるんですけど,
湯川さんは「投げ上げるフリ」程度で,手からほとんど離していませんでした.
それはそれで興ざめですけどね・・・まあ落とすよりいいけど.


魔王が出てきてみんなが踊るシーンはかなりの人数出ていて,
これは迫力ありました.
けど,まあ逆にここしか見せ場はないかも(汗)

これはでも,まあ,おとぎ話の世界を堪能する作品ですかね~.


「インフォニー・イン・C」

これがメインっていう人も多かったのでは???
小林十市さんもこの日みえていたようですが,
「不滅のバレエだね♪」ってツイートされてましたね~

何より,今の新国にピッタリ!!だと思いました.

一部,不満の残るプリンシパルもいましたけど・・・


第一楽章の米沢唯さんは,一番バランシンっぽかったです.
若いし,みずみずしさと落ち着きとがいいバランス!
ピタ,とポアントで動きを止めるところも圧迫感がなく,
しかしちゃんと静止!なのもよかった.

お顔はちょっと浅田真央に似てるかな~.真央ちゃんは個人的にはあまり好きじゃないけど,
米沢さんは結構好きになりました!

菅野さんは夏ごろ某発表会で観ていたんですが,
やっぱりいいですね.つま先も日本人としてはキレイだし!


第二楽章はアダージョ.
川村さん,バランシン向いてない?
美しかったんですけど,どことなくぎこちなさが.
あ,でもソロパートはきれいだったので,貝川さんとの
パートナーシップの問題なのかな.

全楽章,リフトもサポートもかなり高度なので,
新国の男性陣にはキツイかもしれない・・・と思いました.

早くこれを小野さん&祐樹さんで観たい!


第三楽章は厚木さん&輪島さんだったんですけど・・・
明るい感じの曲ですが,二人とも笑顔が少しひきつっているような・・・
輪島さんは,うまく言えないんですけど,特にイヤなところはないのですが,
印象にも残らない感じ.

厚木さんは・・・首肩まわりの固さ?が前から気になってるのですが,
今回は「アームスの肘がいつも落ちている」のがメッチャ気になって.
そのポーズもヘンだし,肘が落ちたまま動かすから動きもヘン!
あんまりガッチリ腕固めてしまわないようにしているのかもしれないけど,
さすがに肘が落ちるのはナイと思うんですよねぇ.
固めているよりはマシだと判断したのかなぁ・・・


第四楽章・・・待ってました♪丸尾さんと古川さん.
古川さん,ヒゲソリあとも青々しく(苦笑),ヘアスタイルも変でしたが(笑),
その軸の通った回転と,浮き上がるようなジャンプを堪能!

最後プリンシパルが4組そろうと,やっぱり三楽章組がちょっと気になる・・・
動きの質が違っている感じで.


でもたいそうな迫力でした.
この演目はバレエ団の実力もよくわかりますね.
やっぱりコール・ドがハンパない!感動しました!
(牧先生がおやめになったら,コール・ドの質が落ちるのではないかと
心配していますが・・・・今のところ平気そう.でもまだまだこの先わからないけど)


あ,そうそう,全員そうなんですけど・・・メイク(全員)とヘア(男性)がすごいヘンでした.
女子のヘアは夜会巻きだからいいとして,男子のヘアは妙にかっちりもっさり.
メイクは男女とも眉がくっきりで黒い線のよう.
肌色は顔だけ黄色っぽく浮いてたり,と,とにかくヘンでした.
衣裳がシンプルな分,メイクは気をつけて欲しかったなぁ・・・
もうこういうのはメイクさんのセンスなんでしょうけど.



脱線しますけど,プログラム見て初めて知ったのですが,
同じ作品として扱われている「水晶宮」と「シンフォニー・イン・C」,
随所で振付も違えば,作品の相続者も違うのだそうです.

水晶宮は色とりどりの衣裳で,イン・Cは白チュチュ.
2幕の振付も水晶宮ではイン・Cに比べて濃厚め,
水晶宮でシンコペーションを効かせてある部分でイン・Cは正拍だったり,
パリオペに振付けた水晶宮とニューヨークで上演したイン・Cでは
多くの違いがあるそうです.


マリィンスキーのレパートリーは水晶宮で,
ボリショイはイン・Cですよね確か.
逆にしたほうがいいのでは????(笑)



「ペンギン・カフェ」

映像も持ってなくて全くの初見!
いっぱい登場人物(動物)がいるので,最初配役表を見てても
おぼえられず・・・
結局「これは誰だろう」って想像しながら見ていました.


ペンギンは井倉さん.
これはさすがに覚えていたんですが,案の定かぶりもので全然わかりません...

ペンギンっぽい動きがすごくかわいい!!イッキになごむ!


ユタのオオツノヒツジは,女性のみかぶりもので,男性はタキシード姿.
顔出しててくれてたのでマイレンくんの気取ったダンスも堪能!
遠藤さんは顔出すまでわかりませんでした.
ハイヒールで,重たそうなかぶりもので,よく踊れるなぁ~・・・
ポアントの方がまだやりやすそう(軸まっすぐとっていられるから).

テキサスのカンガルーネズミ.
これは,かわいくチョコチョコ動くけど結構ジャンプが多く
すぐに福田さんだと分かりました!(八幡くんともちょっと違う踊り方)やんちゃネズミって感じ.
おじさんウケがいいらしく,野太い声のブラボーがいっぱいかかってました(笑)


豚鼻スカンクにつくノミ
宇宙人というか,仮面ライダーっていうか・・・なかぶりもの.
振付もほぼウケ狙いな感じ.
これもなんとなく西山さんっぽいな~と思ったら当たってた!


ケープヤマシマウマ
馬だけあって,筋肉!な感じ.
古川さん???と思って,オペグラでよぉ~く観てみましたが,
うん,この太ももは古川さん以外にいない!と確信しました(笑)
最後,撃たれて倒れるように見えますが・・・


熱帯雨林の家族
この二人はかぶりものナシなので,顔はわかったんですが・・・
まー衣裳にびっくり.
全裸風肌色全身タイツ(手先・足先は黒い)にふんどし?のようなスカートのような
ヒラヒラした布・・・って感じで.

これ,イギリス人が着るから「そういう衣裳」って見えるけど,
日本人が着るとちょっとドキっとしますよね~.

なんか,あまりオペグラ観れませんでした(汗)


ブラジルのウーリーモンキー
これもはっちゃけた感じで,すぐ吉本やっちゃんだとわかりました.
この後すべての動物たちが出てきて,
かぶりものもはずし(シマウマだけはかぶったまま),大いに盛り上がるんですけど,
そこで嵐が起こり,みんな逃げ惑います.

その様子をひっそりとペンギンが見ていて・・・



(この先ネタバレです)



みんないなくなったところで,舞台奥に箱舟?
船の上におうちが立っているような絵が現れ,
(新国のホームページ
「お知らせ:新国立劇場バレエ 2010/2011シーズンがトリプル・ビル
 「ビントレーのペンギン・カフェ」ほかで華やかに開幕しました」に載っている写真です.
この写真で衣裳とかもだいたい見られますね~)
その中に動物たちが逃げ込んで安心しているような様子で客席側を見ており,
幕が閉じました.


メッセージ自体は受け取り方いろいろありそうですが・・・
いろいろ投げかけつつ,飽きさせないというところは
ビントレーの振付の優れているところですよね.


ただ,作品自体が好きかというと今のところどっちでもないですね~.
好きなダンサーが出てても顔見えないし・・・
まああと二回観るのでイメージが変わったらまた書きます.


自分としては「この日は祐樹さんのカスチェイと『イン・C』を観にいった」感じですね,やっぱり.


でももちろん全体としてはとても満足しました!!

後の日程も楽しみです!!


-----
RaymondaのTwitter


banner_12.gif
↑1日1クリック応援よろしくお願いします

スポンサーサイト

テーマ : クラシックバレエ - ジャンル : 趣味・実用

コメント

新国立ついに新シーズン

Raymondaさんへ

お元気そうですね!

私も「ペンギン・カフェ」(11月3日)観に行ってきました。
最近の仕事のストレスも吹っ飛びました!!!!

小野さんの火の鳥はとっても格好良かったです。メイクがすごいインパクトあってついついオペラグラスで「じ~っと」凝視しちゃいました(笑)

「カルミナ」のフォルトゥナ役を経験しているせいか目力がきいてました。

あと新加入の米沢唯さんも確かに浅田真央ちゃんに似てますね~~
Raymondaさんの言うとおりですね。

私も彼女の気合いの入った踊りが好きになりました。なんというか気持ちというか、力というかそういったパワーが彼女から伝わってきました!

面白かったのはペンギンカフェのアボリジニの家族役で登場の小野さんです。

一瞬「!!?@@」、、、
本当に小野さん?と思ってオペラグラスでよく見て確認する始末です(汗)
キャー旧石器人・縄文人みたーい(超驚)
今年の初めの『白鳥の湖』であの小野オデットや白雪姫、スワニルダが脳裏に焼き付いているので、私にとってかなりの衝撃だったのです(><)
彼女もかなりいろいろな役をこなせるようになりました。。。

私がとても感動したのは、公演内容はもちろんですが、この日のカーテンコールでした。
なぜならば、ペンギン役の井倉真未さんがペンギンのかぶり物をとって、小野さんと一緒に握手してレヴェランスしている姿に感動しました☆

井倉さんはやり遂げたという充実感・達成感がその笑顔にあふれていて、ステキでしたし、同期の小野さんと手をしっかりつないでいる所を見ると、3期生の修了公演の時から3年半以上が経過して、二人とも成長したんだなーとしみじみ感じて、少し涙がでてしまいました(嬉)

研修所3期生の修了公演の時のあどけない顔を見ている私は、この光景に人一倍感慨というか、胸に込み上げてくるものがあったのです。。。。
私自身はこの3年半で成長しただろうかと自問自答するばかりですね

現代社会はかなり暗い経済情勢で失業者の増加や就職難、犯罪増加、倒産等々嫌な苦しい御時世ですが、せめて楽しく暮らして彼女たちのような笑顔のステキな人になりたいと常に願っています。

バレエの先輩Raymondaさんとこうやってお話できるのが何よりの楽しみです!

Re: 新国立ついに新シーズン

BALLERINA さん!

3日にいらしていたんですね!
小野さんの火の鳥の目ヂカラ,とっても良かったですよね.
3キャスト全部観ましたけど,一番「炎」が感じられたと思います!

米沢さんのパワーってわかります.
若さだけでない,さわやかな力強さ,貴重ですね~.

しかしペンギンでの小野さんの姿は本当にびっくりでしたね(笑)
確かに良く見れば小野さん,みたいな・・・


カーテンコールは私も全く同じことを思っていました!
小野さんと井倉さんが笑顔で手を取り合っているところは本当にじ~んとしましたよね♪
もう3年半も経つんですね~,,,早いなぁ.


こうやって踊りを楽しむのももちろんだけど,
好きなダンサーさんの成長を目の当たりにできるのも
楽しみの一つですよね!

そしてこうやってお話できるのも(^^)
またお待ちしてます!!

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。