スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

左手

また手の話。

ブログ始めたときはレッスンって毎回やること同じだし
書くことないだろうと思ってたけど、こうやって書いてみると
意外と毎回あるものです。

一昨日のレッスンはなんでもないようなことが全然できなくて、
今日も少し気乗りしなかったんですが、まあ一昨日よりは良かったです。

膝はOK、しかし代わりに非常に腰がだるい。
これまで腰痛になったことは一度もありませんが、
接骨院では「そうとうキテるはず」と言われ
かなり負担がかかっているようで、
これも気をつけないと。(腹筋かな)
ホント、歳はとりたくないものです…。


フェッテはリハでは回れなかったけど、
ヴァリはやらなかったので自主練では回転モノばかりやっていたら先生に
「右手と右足はキレイに回ってるから、左手なんじゃない?」と言われて
左手を注意したら、少し上体傾いてたけどブンブンと回りました~。
今まで、右足に引っ張られないように左手を開く時すごく張ってたんですが、
体の斜め前に控え目に開くようにしたらかえってよかったのです。

こういうのはその時の右の力の強さにもよるだろうから(体重でも違いそう)、
毎回これが正解でもないだろけど。

その時先生にも話したけど、こうやって注意いただいてできるようになっても、
次のレッスンではできなくて何が違うのかわからない、
でまた注意して頂いての繰り返しですよね。
こうやって少しずつ確率があがってくのかもしれないけど
賽の河原のような虚しさが…
これに堪えた人だけが上達するのかしら??

あと体の前で両腕を重ねるポーズ、腕が体に近くなると胃が出て反りやすい。
(でその後の回転が崩れる。)


banner_12.gif
↑1日1クリック応援よろしくお願いします!

↑こちらも参加しています!
スポンサーサイト

テーマ : クラシックバレエ - ジャンル : 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。