スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新国立劇場バレエ「ライモンダ」ゲネプロ行ってきました

公演じゃないけど・・・
本日2月9日14:00~,
オペラパレスにて.

ゲネプロなので踊りについては書きませんが.
貴重な体験なので一応記録として~.

席は,受付時に名前を言うと,
ランダムに座席番号を割り当てられました.
場所は1階の18・19列の上手.
アトレ会員の割り当て席は30席くらい?
実際きていたのは10人台でしょうか.
まあ平日の昼間だから来れる人は少ないでしょうね.


一応以下の3役のキャストだけは注意事項(席は空いてても移動できません,とか)
と一緒に配られました.

ライモンダ:川村真樹
ジャン・ド・ブリエンヌ:碓氷悠太
アブデラクマン:冨川祐樹

そのほかも,確認できた限りでは
発表されている15日のキャストと同じでした.

ゲネプロといっても途中で止めたりすることもなく,
マイクで芸監とか舞監から指示が入ったりとかもほぼなく,
ゲネプロっぽいなと思ったのは,
子役がいなくて稽古着姿のダンサーが
代わりに入っていたこと,
幕が下りると指揮者が何箇所かやり直ししていたこと
くらいでした.
(このとき指揮者がいろいろ指示しているのも
興味深かったけど,残念ながら英語で全く聴き取れず)

あと,客席には15分前に通されたのですが,
そのときはまだ幕が上がっていて,舞台上でアップする
ダンサーを見ることができました.

そのときに,何気な~く,
「あー,この人誰だっけ,えーと,前にもライモンダで見たよな・・・」
って思って見てたら・・・

何と,牧バの今勇也さんがいました!
(今さんは,Cちゃんの発表会にゲストで出演されていて,
勝手に今先生と呼んでいます~
あと去年牧バのライモンダを観にいった時,
ベルナールをやっていたので記憶に新しいです.)
1幕のグラン・ワルツと,3幕のグラン・パ,そしてパ・ド・カトル
にも出てました.
今さんはホントかっこいいですねー.得した気分でした~
でも新国もそんな助っ人が必要な状況なのかと思うと
ちょっと切ないですね・・・

古川さんは予想どおり?グラン・ワルツと,サラセン人でご出演でした.
サラセン人,よく跳ぶわ!!すごい滞空時間.
残念ながらグラン・パには出ていませんでしたが,
これは日替わりで出る日もあるのではないかと予想.

そしてアブデラの冨川さんですが,
なんと3幕のグラン・パに出ていて,
全部15日のキャストでやるものだと思っていたから
かなり驚きました.
3幕はもう見られないと思っていたので
コレも得した気分でした.

小野さんはグラン・パとパ・ド・トロワ.
(ワルツにもいたのかもしれないけど未確認)

最後はカーテンコールまでちゃんとやっていました.
冨川さんはグラン・パの衣装でレヴェランス・・・

ま,ほとんど本番に近いものを観ることができたのと,
やはり開幕前のアップしているところを見れたのが
マニアとしてはとてもおいしいゲネ見学でした.
また是非やって欲しいです~.

しかし腰痛の身には長丁場の座りっぱは堪えました.
明日の初日は行きませんが明後日から日曜まで連チャン,
ライモンダ祭りスタートです.


あ,あと以下はバレエ情報ですが,
今日「新国立劇場営業部バレエ担当」さんから
ライモンダとThe Chicのチラシが送られてきました.
ライモンダは普通のチラシのほかに,あらすじ解説&人間関係図
(よくドラマの説明とかででてくる,

           「ライモンダ」
           ↑     ↑
         婚約      片思い
        ↓           ↑
「ジャン・ド・ブリエンヌ」←決闘→「アブデラクマン」

                    みたいな・・・)

までついていました.

ちょっと大き目のフォントで
「今回の『ライモンダ』は、牧阿佐美芸術監督のもとでの最後の全幕上演です。
この記念すべき公演を美しい思い出として心に留めていただきたくご案内申し上げます。」
って書いてありました.

売れてないんですかねー,チケット.
そういや一般発売が始まってから12日のチケットとったんですが,
ザハロワの日だけど,とてもいい席が取れて驚いた記憶が.

こういうの(チラシ)は来るのに,来シーズンラインナップのチラシは
まだ送られてこないんだけど・・・
(マールイの公演会場で手に入れたけど.)

しかも,
「さる1月15日に2009/2010シーズンのラインアップが発表になりました。
これを受けまして(中略)・・・会員の皆様にこのお便りをお送りいたします。」
って書いてあるから,来シーズンの詳細情報かと思いきや
明日からのライモンダ.
何をどう受けてるんだろう(笑)

あ,お手紙?の中でも
「牧阿佐美・芸術監督のもとでの最終上演」って
小見出しで強調してありました.

あと,「The Chic」では,新国立のダンサーの井口裕之さんが振付けた
「空間の鳥」の同時上演が決定した,とのことです.

井口さんは来シーズン,新国立バレエ団のダンサーがコンテに本格的に登場するという
「Dance to the Future」においても作品を提供する,と書いてありました.

この公演は新国立のコンテ公演にバレエ団ダンサーが出るんですね.
来シーズンラインナップはバレエのみ見ていてコンテはノーチェックでした.
井口さんのほかには,以前バレエ団に「オルフェオとエウリディーチェ」を
振付けたドミニク・ウォルシュ,あと能美健志さんらの作品を上演するそうです.


banner_12.gif
↑1日1クリック応援よろしくお願いします!

↑こちらも参加しています!


レッスン日記はまた後で書きます~


あ,ライモンダについて,ひとつ思い出したので追記です~.
演出というか曲順なのですが,
前回公演では,2幕のライモンダと友人たちのヴァリが
アブデラクマンの登場前に入るという改訂がされていたのですが,
今回それは元通りに戻っていて安心しました~.
スポンサーサイト

テーマ : クラシックバレエ - ジャンル : 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。