スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観劇記 2009年 2/11(水) 新国立劇場バレエ ライモンダ

2月11日(水) 14:00~ 新国立劇場 オペラパレス
新国立劇場バレエ ライモンダ

ライモンダ:寺島ひろみ
ジャン・ド・ブリエンヌ 山本隆之
アブデラクマン:森田健太郎

行ってきました~!


寺島さんは突然のパートナー変更でも不安を感じさせることもなく,
出だしからあふれんばかりのキラキラオーラが出まくっていました.

山本さんは相変わらずの完璧な貴公子・・・
(3幕のヴァリでちょっとバランス崩しかけてヒヤっとしましたが.)

森田さんは,もうちょっとセクシーさがあってもいいかなーと思いますが(笑)
前回よりはあったかも.ちょっと絞ったのかもしれないです.

(森田さんと山本さんはまだ見る機会があるのであまり書きませんが)

全体では,ゲネの追記で少し書きましたが,
前回は2幕のライモンダと友人たちのヴァリ(とコーダ?確か.)が
アブデラクマンの登場前に入るという改訂がされていたのですが,
これが元に戻っていて安心したのと,
あと前は確か3幕のアントラクトをグラン・パの前だか中に持ってきて
ライモンダとジャンのパ・ド・ドゥにしていたのですが,
これもなくなっていてよかったです.

上演するごとにちょっとずつ改良しているんですねー.
他にも振り付けが少し変わった所,
前回とも初演とも違ったところ,
前回変わったけど初演と同じに戻ったところなどが
あるっぽいです.

3幕のギャロップの最後とか,(左右に移動するステップの数)
あと私の記憶が定かなら,2幕のコーダの最後のポーズは
初演と前回でも違ってて,
ゲネと今日でも違った気がします.
(リフトだったり,両側で支えてたり)
こういう細かいところは主演の人によっても変えてるんですかね.


でもこれが最終版ということになりますね.
細かいところは気になるところもあるけど,
全体としてはとっても好きです
(何度も観てるから愛着なのかもしれませんが・・・)

もう初演から数えて(ゲネも入れて)すでに通算10回近く観ている計算になるので,
当たり前になっちゃっているところもあって
何から書いたらいいかわからないですが(笑)
ま,気づいたことから順に書いていきます~.


ひろみさんは1幕のピチカットは本日の白眉(っていうのかな)だったと思います.
かわいらしさ,存在感,テクニック,表情,と
文句のつけようがありませんでした.
ですが夢の場あたりからちょっとスタミナ切れかな?と
思うところがチラホラ・・・
3幕のヴァリもステキでしたが,ピチカットのときほどの
感動はなかったかも.

あと,今までひろみさんの踊りにずーっと違和感があったのですが,
それが何なのか今日わかりました.

彼女,よくアームスを横に出すとき肩より後ろにいくというか,
腕が後ろなのか,肩を引いているのか,ちょっとわからないんですけど・・
それ自体が悪いことではないのかもしれないけど
彼女の場合,それでいっぱいいっぱい感が出てしまうというか,
力んでいる感じになって肩まわりが貧相に見えたり
肩がすごい硬い人っぽく見えちゃうんですよね.
ついでにそのときはサル手になっている(ように見える)し.

これまで直さずにきたっていうことは好き好きなのかもしれませんが,
私はどうもダメです.(それ以外は好きなんですけど)
まゆみさんではそういうことを感じたことはないんですけど,
ひろみさんの方が見る機会が多いから気づいただけなのかもしれないです.


今さんは本日もワルツ,グラン・パ,パ・ド・カトルと
出演されてました~!

カトルに助っ人を出すくらいなら古川さん出して欲しい気がしますが,
身長のバランスとかがあるんですかね・・・
(そういえば八幡さんもカトルは入らないですもんね)

グラン・パは古川さんも(やはり)出ていて,
冨川さん,古川さん,小野さん,今さんと,
どこを観ればよいやら・・・

古川さんといえば1幕のワルツ(グランワルツでなくて,
ピチカットの後のワルツ)で,ズルってなってました
ドリ伯爵夫人の西川さんも,2幕の登場シーンで衣装の裾を踏んじゃっていて,
新国ってこういうの少ないから気になっちゃいますね.
(ま,初演のときはザハロワがウヴァーロフのマントを
踏んづけていたらしいですけど・・・)

まあこういうところが気になるのは全体のクオリティが高いことの
裏返しなんでしょうけどね.
逆に踊りで「これはちょっと・・」みたいなのはなかったです.

スペインの井倉さんは,登場時は「ちょっと若すぎ?」と思ったけど
(ゲネで観たのが遠藤さんだったので余計に・・・)
踊りだしたら意外と良くて,研修所の発表会の時から
だいぶ力をつけてるのかなーと思いました.
こういうチャンスをモノにしていって欲しいものです.


逆に苦手だなーと思ったのは寺田さんでした.
来シーズンドン・キで主演予定ですが,
そういうキャラならいいのかもしれないです.

あと,オケはかなり良かったです!
当たり前かもしれないけど,ゲネより全然良かったです.
(逆に,踊りは全体的にゲネと今日であまり差を感じませんでした)
幕間にフルートの人が練習してたのですが,
2幕のライモンダのヴァリ,曲芸師の踊り,
3幕のグラン・パ,とかあとは覚えてませんが
いろんなところで大活躍なんですね.
あの時間集中力を保って演奏続けるのはホント大変だと思うんですが
ダレることもなくていい演奏でした~.

ライモンダ祭りは日曜まで続くので,今日はこの辺で~


banner_12.gif
↑1日1クリック応援よろしくお願いします!

↑こちらも参加しています!

スポンサーサイト

テーマ : クラシックバレエ - ジャンル : 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。