スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観劇記 2009年 2/15(日) 新国立劇場バレエ ライモンダ

2月15日(日) 14:00~ 新国立劇場 オペラパレス
新国立劇場バレエ ライモンダ

ライモンダ:川村真樹
ジャン・ド・ブリエンヌ:碓氷悠太
アブデラクマン:冨川祐樹

とうとうライモンダ祭りも最終日となりました~.

今日の感想は一言でいうなら大満足!
初日を除く5公演観た中で,トータルで個人的に今日が一番よかったです.
ま,思い入れとかがかなり入っていからかも知れないけど.

今日のキャストはゲネプロと同じでしたが
実を言うと,ゲネがメッチャ良かったんですよ.

でもゲネとか稽古場ではどんなに良くても,本番になると
ダメなことってあるので,感想には書かなかったけど.

期待してはいけないと思いつつ,かなり期待してて,
結果は期待通り(期待以上ではないけど)でした!

川村さんって,主役になってその魅力が出るタイプの人なのかな?今回を見る限り.
逆の人(脇役だとすごいいいのに,主役になると物足りない人)は多いけど,
こういう人は貴重なんじゃないでしょうか.
ファースト・ソリストになったのもわかります.

川村さんのこれまでの印象というと,BSか教育TVかで放映された
ドン・キ(ザハロワ&ウヴァーロフ)で森の女王でしたが,
最後の回転が終わってポーズとるときにキメきらなくて
正直そのときはあまり好きじゃないなーと思ったんですけど,
先日のゲネではそういう回転後のキメをしそんじることはほぼなく
(今日は少しありましたが,,),
技術ももちろんなんですが,なんというかオーラが独特なんですよね.
寺島ひろみさんの姫オーラとも,ザハロワの圧倒的な存在感とも違って,
ステキな大人の女性っていうか.
オーロラとかなら,ひろみさんの方がはまるのかもしれないけど
私は川村さんの雰囲気が妙にツボりました.

来シーズンはドン・キとくるみで主演予定ですが,
(キトリは正直どうかわかりませんが,)
金平糖は観てみたい気がします.
あと今年の白鳥でルスカヤやりますね.
でもこの人はチュチュで観たいな~.

踊りですが,登場~ワルツあたりは正直緊張している感じだったけど
ヴェールの踊りあたりからはノッてきたのか,そういう不安も感じませんでした.

2幕のグラン・アダージョは,一番説得力があったかな~,
うまく書けないけど,ただアブデラクマンをイヤがってるだけでなく,
困ってるってわけでもなく.

碓氷さんは,いいダンサーですね~.
マトヴィエンコや山本さんと比べてしまうと,少しテクニックは
不安定に見えてしまいますが,この貴公子オーラは他に代えがたいです.
ちょっと口角が片側が上がっているのがどうしても気になっちゃうんですけど,
オペグラで観なければ無問題!(笑)

そして冨川さん,今日はやはり気合が入っていたと思います.
一昨日はライモンダに逃げられると切なそうな(?)表情をしたりしてて
一途なヒラリオン風味を感じたのですが,今日はそういうのがなくて
もっと悪役な感じというか,目ヂカラがありました.

そして,今日は3幕は出ないで済んだようです.
今日スペインにキャスティングされてる高木さんがいなくて
(ワルツにも出てなかった)
八幡さんが出てたので,グラン・パのことを考えると
貝川さんが出られず,チャルのバリノフも出れないし,で,高木さんも,となると
もしかして今日も冨川さん出るの?と思ったのですが,
グラン・パには高木さん出てました.
調子が悪くてスペインは無理だけど,グラン・パだけなら,とか,
何かそういう事情があるんでしょうか??


他にはアンリエットの堀口さん,一昨日もゲネもですが,
2幕ヴァリ,一番良かったです.
表情も自然な笑顔で,緊張しないで観られるっていうか.

そして助っ人の今さんですが,パドカトルの最後のピルエットでヨレってしまい
ポーズがかなり危なかったです(なんとかこらえてましたが).
最初から手抜きしないで最後スタミナ切れしてしまうタイプらしいので,
最終日でお疲れなんでしょうかね~・・・ちょっと残念でした.



あと,全日程終わって思ったのは

・伯爵夫人の西川さん,最初はなんで・・・と思いましたが,
 かなりはまってました.

・マトヴィエンコの髪型がヘンでした.おじさんぽくなってて,
 首が短く見えてファジェーチェフ(息子)のような雰囲気に・・・
 (ファジェーチェフ好きでしたけどね)

・井倉さん,スペインも良かったですが,チャル,幻想的ワルツでも
 前列にいて結構目が行きました. 

・真忠さん,ワルツのみご出演でした.怪我でもしてたのかなー.

・芳賀さん,うまいけど地味な印象でした.マイレンと並んでたから??

・初演(4年前)に比べて,コール・ドは少しレベルダウンした感じがしますが,
 (研修所の卒業生を入れるから???)
 ソリスト級はレベルアップしたかなと思いました.
 グラン・パの8組を,ハラハラしないで観られるというか(笑)
 (助っ人が入ってたけど)
 今,日本で8組をこのレベルで揃えられる所はあまりないのでは.
 登録になった市川さん,中村さん,奥田さんあたりが入っていればもっと
 良かったんでしょうけどね~.
 (市川さんはアンドリュー2世で出てました.なんてもったいない・・)

・マズルカで出ていた酒井さん(登録コール・ド),
 今回やっと顔と名前が一致しました.かわいい!(笑)

・やはりコール・ドの原田さん,
 たまたま去年観にいった発表会にゲストで出ていて,
 応援モードなのですが,なかなか笑顔を観ることができず.
 たまに笑うとかわいいんですけど,緊張?
 頑張ってー!!

・「世界に誇る新国立劇場の代表作」とホームページに書いてありますが
 照明,装置,衣装,オケなど含め,確かにすごく完成度が高く,
 満足度も高い舞台でした!
 ビントレーになってもできれば一年おきくらいに再演して欲しいですね.
 あ,振り付けは変わったほうがいいところもあるけど・・・

また思い出したらぼちぼち書き足したいと思います~.

しかしこの一週間は疲れました
しばらく膝も痛くてレッスンもできないので,
ゆっくり疲れを取りたいと思います・・・.
(仕事は?)


banner_12.gif
↑1日1クリック応援よろしくお願いします!

↑こちらも参加しています!


スポンサーサイト

テーマ : クラシックバレエ - ジャンル : 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。