スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リハーサル

私の通っているバレエスタジオはともかく狭い!
一回大きくグラン・ジュテをしたら,もう壁(もちろん対角線で).

なので,発表会の振り付けが始まると,スタジオ近くの
ホール(の中の研修室)でのリハーサルがしょっちゅうあるわけ.

でリハ行ってきました.

・レッスン:ないので30分ほど早めにいってアップ.
 相変わらず寒いと右のハムストが伸びない.

・リハーサル:バレエシューズで.
 研修室は普通の床(踊るためではない,クッションのきいてない普通の床)なので,
一応リノリウムは貼るんだけどジャンプすると脚の負担がすごいし
リノからはみ出ると猛烈にワックスが利いていてハンパなくすべるので
大人(たいてい故障を抱えている)にはとても危険.
プロローグからアンコールまで一通りやるが場あたりをメインにして
踊りのほうは多少力を抜いて.

ヴァリエーションは
場所の使い方はほめられた.
最後のカトル→パッセ ×6 は安定してきた.

あとは最初のパッセを開くこと.
パドブレやススでちゃんと脚を閉じること.
力の抜きどころを考えること.
肩の力を抜く.

カブリオール(苦手)はいつもよりうまくいったが,
おそらく助手さんが曲のテンポをいじってくれていた
(ので全体的に踊りやすかった).


ドンキのグランをやるAちゃんが
コーダのフェッテを固い床なのに見事に回りきって
拍手喝采を浴びてました.
私はAちゃんの踊りがホント好きなので
舞台で見るのが楽しみ

これで今年は踊り納め!
次のレッスンは1月5日だけど
3日はチャコットのお正月講座へ.
スポンサーサイト

テーマ : クラシックバレエ - ジャンル : 趣味・実用

コメント

コメントの投稿

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。