スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新国立劇場・情報誌 ジ・アトレ 4月号

今まで書いていたのが間違えてEscを押してしまったら
一瞬で消えてしまった・・・(T_T)

気を取り直して,今日は接骨院に行ってきました!
先週よりかなり関節が動きやすくなってきているということで,
前回はできなかった内側の筋肉もじっくりほぐしていただきました!

これまでヴァリエーションでよく左を前に体をひねる所を
もっとひねって!と注意されていたのですが,
これも相談すると,やはり左の広背筋が固くなっていたということで
ほぐしてもらったら,少しひねりやすくなりました!

あとは本番直前にもう一度調整していただくつもりです~.


さて,ジ・アトレですが,今号の表紙はザハロワのライモンダ,ヴェールの踊りです!
(うつくし~!です!)

特集は
「オペラ・舞踊芸術監督 シーズンを語る」ということで,
オペラの若杉監督と,牧先生のインタビューがそれぞれ見開きで載ってます.

牧先生の方は今シーズンのThe Chic とコッペリアのこと,
来シーズンのラインナップでは新制作のくるみについて少し触れられてます.

「年末には顔見世的な公演もお客様に楽しんでいただけるのではないかと
以前から考えていて、クララ、金平糖の精、雪の女王、三人の主役クラスの
ダンサーを一度の公演で見ていただけるようにします。」だそうです.

演出については,プロローグの舞台は現代で,新宿の高層ビルが見えるような感じで
クララも現代の子供なんだそうです.

よく,こういう「古典を現代の人にも身近に感じられるようにする」演出ってあると思うのですが,
妙に現実感がでてしまうと,ストーリーの荒唐無稽さが際立ってしまったりして
難しい気がしますよね.
このへんがどうなるのか,楽しみですね.


banner_12.gif
↑1日1クリック応援よろしくお願いします!


↑こちらも参加しています!
スポンサーサイト

テーマ : クラシックバレエ - ジャンル : 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。