スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

観劇記 2009年3/29(日) 新国立劇場バレエ「Ballet the Chic」

3月29日(日) 14:00~ 新国立劇場 中劇場
新国立劇場バレエ Ballet the Chic

<セレナーデ>
厚木三杏 寺島ひろみ 堀口 純
中村 誠 森田健太郎

<空間の鳥>
貝川鐵夫 江本 拓 八幡顕光 高木裕次 佐々木淳史 末松大輔
アンダーシュ・ハンマル 泊 陽平 清水裕三郎 野崎哲也 原 健太 三船元維

真忠久美子

<ポル・ヴォス・ムエロ>
湯川麻美子 遠藤睦子 高橋有里 西川貴子
本島美和 丸尾孝子

吉本泰久 貝川鐵夫 陳 秀介 冨川祐樹
芳賀 望 末松大輔

<プッシュ・カムズ・トゥ・ショヴ>
デニス・マトヴィエンコ
本島美和
厚木三杏
西山裕子
山本隆之


一言ずつ最初に書いとくと,
セレナーデは新国に合っている演目ですねー,また観たいです.
空間の鳥は楽しめました.
ポル・ヴォス・ムエロは,落ちてしまいました・・・(いや,疲れがとれなくて・・・)
プッシュ・カムズ・トゥ・ショヴは,よくわからなかったです(汗)


今回のチケットはマイ・ダンサーズのセット券だったのですが,
新国ダンサーを応援するためのセット券なのに,
配役が全然わからないうちから日を決めないといけないのは
ちょっと不満ですー
前にも書いたけど,席もブロックしか指定できないし,
今後セット券を申し込むことはあまりなさそうです.

配役としてはもう一方のが観たかった!
(冨川さんのセレナーデ,前田さん,小野さん,古川さんのポル・ヴォス・ムエロ)
冨川さんはポル・ヴォス・ムエロで,古川さんはプッシュ・カムズ・トゥ・ショヴで
観られましたが,小野さん前田さんは空振りで見る前からちょっと
テンション低めです.


まず,セレナーデですが女性の群舞はやっぱりはっとするくらい
キレイで,寺島ひろみさん,厚木さん,堀口さんもいうことないけど
特に堀口さんが今日は好きでした.雰囲気がすきなのかも.
逆に寺島さんは踊りはすごいけど雰囲気が苦手になりつつあります
(肩より後ろに腕がいくこと含めた,苦しそうな感じが).

男性は中村さんは相変わらず(良い)なのですが,
やっぱり森田さんがあの衣裳だと一瞬あせりますよ(汗)
中村さんと並ぶと余計に・・・・・


空間の鳥は男性群舞の迫力と,衣裳や演出・照明の面白さで
眠らずにいられました・・・(^^;
ムーブメント自体は,有名な現代の振付家の影響を受けているんだろうな~
という感じですが,やっぱりクラシックとは違う動きそのものの面白さがあります.
男性は赤い長スカートみたいな衣裳で,これの裾を首まで巻いてみたり
めくりあげたりで視覚的にも面白かったです.

こういう男性群舞がメインの作品は教育的な意味もあるんでしょうかね~.


女性は今日は真忠さんで,ダブルキャストで前田さんなので,
なんとなくイメージはしていましたが,
そこはかとなく蛇女風のコワイメイク
(眉毛があまり目立たず,つり目風).
役どころもなんとなくコワイ感じで.
あー前田さん観たかったな~~~


ポル・ヴォス・ムエロは初見ですが,写真でみるイメージどおりでした.
冨川さんがいたので一瞬覚醒しましたが,
わりと心地よい感じの音楽だったりして
半分くらい落ちてしまった・・・至福でしたけど(汗)

そして「日本初演」は間違いだったという,
トワイラ・サープのプッシュ・カムズ・トゥ・ショヴですが,
常に忙しく動いていて,しかも難しいパばっかり,という印象です・・・

一度意識が飛んでしまった後というのもあるし
アメリカ的ユーモアを理解する下地が自分にあまり
ないんだなーと思いました.
厚木さんはすごいよかったです!

音楽はラグタイムとハイドンの交響曲82番ハ長調が使われていますが,
この交響曲には「熊」という愛称があり,
バリシニコフが亡命したばかりで朴訥とした雰囲気を漂わせていたから,
というようなことがプログラムに書いてありますが,
そうそう,男性の衣裳がなんかコサック風までいかないけど
ちょっともっさりしてて,不思議な空間でした.

本島さんのブログに少し写真がアップされてて,
少し衣裳が見られます~


千秋楽だからでしょうか,
終演後は緞帳の奥から拍手と歓声があがってました~.


banner_12.gif
↑1日1クリック応援よろしくお願いします!


↑こちらも参加しています!
スポンサーサイト

テーマ : クラシックバレエ - ジャンル : 趣味・実用

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。